料理人が教える「規格外の野菜」の楽しみ方

印刷用を表示
2020/01/25 05:00

見映えの悪さから、一般のスーパーではあまり出回らない「規格外野菜」。そんな野菜に目を向けるイベントが2月2日、東京・大田市場にて開催されます。

「規格外野菜」って?

 私たちが普段手にしている野菜、果物は色も形も美しいものばかり。

 しかし、曲がっていたり傷がついてしまったり、大きさや色、形、品質などが流通させる上での規格に適合しない「規格外野菜 」というものがあります。見た目は劣るものの、中身も品質も普通の野菜と変わりません。

 これらはときどき、「お値打ち品」としてスーパーなどで売られています。見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

「食べる」を今一度考える機会に 「みためとあじはちがう展」

 今回、東京都大田区にある大田市場で開催される「みためとあじはちがう展」は、そんな野菜たちに目を向けるイベント。

 企業や料理人たちが集い、「規格外野菜」を使ったさまざまな料理が提供されるほか、食のプロによるトークショーなどが行われます。

大田市場
大田市場

 食糧自給率が40%を下回る日本において、多くの食品が廃棄されていることが問題視されている昨今。日本の食について考えるきっかけになりそうです。

開催概要

名称:みためとあじはちがう展
日時:2020年2月2日 9:00~15:00
会場:大田市場 第4積込場 (〒143-0001 東京都大田区東海三丁目2番1号)