節分にどうして豆をまくのか、みなさんご存知ですか? 節分に込められている意味を知って、福を呼び寄せましょう!

本当は4回あった節分

 早いもので、年が明けてからもう1か月が過ぎようとしています。令和2年の始まりはいかがでしょうか?

 うーん、なんだかパッとしない、いいことない……と思っているあなた! もしかしたら、節分がいい転機になるかもしれません。

 節分は、その文字通り「季節の分かれ目」。日本には四季がありますから、季節の分かれ目も4つ。本来は節分も4回あるのです。

 節分は、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日。2月の節分は、立春の前日です。

 なぜ、立春の前だけが節分を指すようになったのでしょうか?

関連リンク

いとよしさんちの美香さんの記事一覧

もっと読む