バター120種を食べ比べた編集者が推薦!おいしいバター5選

印刷用を表示
2020/02/08 07:00

あつあつトーストに、たっぷりのせたバター……。おいしいですよね! バター好きが高じて、バターだけの本『バターの本』を編集。本を作る過程で、120種類のバターを食べ比べたという、グラフィック社の担当編集、津田淳子さんにお話を聞きました。

 皆さん、バターは好きですか? ハイ、好きですよね。パンにつけてもよし、お料理やお菓子作りに使ってもよし。ご飯にのせて、おしょうゆをかけて、という食べ方もあるようですし、とにかく幸せな気持ちになるのはなぜなんでしょうか。

 そんなバター好きが高じて、バターだけで本を1冊、作ってしまった編集者、津田淳子さんを直撃!

グラフィック社編集部の津田淳子さん
グラフィック社編集部の津田淳子さん

 本の制作過程で、なんと120種類ほどのバターを食べ比べたという津田さんが、これは本当においしい!と個人的におすすめするバターを5つ、聞きました。

おすすめバターその1. 濃厚なコク、強い香り。一度食べたら忘れられない「神津ジャージーバター」

神津牧場「神津ジャージーバター」225g 1500円(オンライン通販 税込)
神津牧場「神津ジャージーバター」缶入り225g 1,500円(オンライン通販 税込)

 「とにかく全然違う!」と津田さん。バターはどんな種類の牛のミルクを使って作られたかによって味が違ってくるそうですが、このバターはイギリス領ジャージー島原産の牛「ジャージー種」のミルクを使用。

 津田さんいわく、「濃厚で少し野性味が感じられる特徴的な味。個性的な味わいがたまらない。チーズ好きにもおすすめ。トーストはもちろん、茹でた野菜にひとかけらのせて、塩と黒こしょうを一振りするだけでも至福の一皿に。ナッツやレーズンと一緒に、おつまみとして食べるのもおすすめです」とのこと。

 ちなみにこちらの神津牧場は群馬県の下仁田町にあり、120年以上の歴史をもつ、日本でいちばん古い牧場です。見学も自由だそうですのでお子さん連れで休日に訪れてみるのもよさそうです。

おすすめバターその2. 伝統製法でクリーミー&さわやか「オホーツクおこっぺ醗酵バター 有塩」

ノースプレインファーム「オホーツクおこっぺ醗酵バター 有塩」プラカップ125g 900円(税別)
ノースプレインファーム「オホーツクおこっぺ醗酵バター 有塩」プラカップ125g 900円(税別)

 「ミルクみたいなクリーミーで、とってもおいしい。クリームっぽさがダントツなんです」と津田さん。昔ながらの「バターチャーン製法(回転式マシンを使う伝統的な製法)」によって、手間ひまかけて作られているそうです。

 無塩タイプもありますが、有塩タイプのこちらは、シンプルにパンに塗って食べると、さらにやさしくさわやかな味わいが引き立ちます。

おすすめバターその3. 六花亭レーズンサンドのおいしさの秘密がここに「マルセイバタ」

六花亭「十勝マルセイバタ」箱入り200g 500円(税込)
六花亭「十勝マルセイバタ」箱入り200g 500円(税込)

 こちらは北海道銘菓として知られる「六花亭マルセイバターサンド」に使われているバターを家庭向けに有塩バターとして作ったもの。十勝産生乳を使って作られたバターは色白でクリーミー、さっぱりとしたシンプルな味。

 「レーズンバターサンドに使われているバターだけに、ドライフルーツとの相性がすごくいいんです。干し柿にこのバターを添えて、ちょっとした集まりに出したら大好評でした!」と津田さん。

 こちらのバターは直営店でしか買えないそうなので、北海道に行ったらぜひお土産にしたいですね。

おすすめバターその4. しっかりした塩味がパンに合う! 町村農場「新鮮純良バター」

町村農場「新鮮純良バター」缶入り200g 1200円(税別)
町村農場「新鮮純良バター」缶入り200g 1,200円(税別)

 日本近代酪農のパイオニアが作った北海道江別市の町村農場。町村バターは、創業以来ずっと作られている伝統ある製品だそうです。

 「塩味がしっかり利いていながら、まろやか、昔ながらのバターらしいおいしさがあります」と津田さん。こちらのバターは、100%牧場産の牛乳から分離した生クリームを一晩ねかせて、じっくりと風味を引き立たせてから加工しているそうです。

おすすめバターその5. 芳醇な味わいに驚くはず。よつ葉「伝統造りバター」

よつ葉「伝統造りバター」瓶入り 115g 672円(税別)
よつ葉「伝統造りバター」瓶入り 115g 672円(税別)

 一般的なスーパーでも見かけるよつ葉のバターですが、こちらはバターチャーン製法で作られているもの。

 「120種を超える食べ比べをして、私がおいしい! と思ったバターの多くは、バターチャーン製法で作られたものだ、ということに途中で気付きました。この製法で作られたバターは、風味がしっかりあってすごくおいしいんです。このよつ葉の伝統造りバターも、ミルクの香りが豊かで、その芳醇な味わいにびっくりします。薄く切ったドイツパンに多めにぬったり、茹でたアスパラガスにのせたり。後味がとてもよいのも特徴です」と津田さんが教えてくれました。

  • 1
  • 2