今注目のヘルシー食材「大豆ミート」どう食べる?

印刷用を表示
2020/02/12 12:00

お肉のような食感でありながら、ヘルシーな「大豆ミート」。どうやって料理に取り入れたらいいのでしょう。

「大豆ミート」とは

 高たんぱく質・低脂質な素材として近年注目されている「大豆ミート」(別名:ソイミート)。お肉のような食感でありながら、大豆を原料としているこちら、主にベジタリアンやヴィ―ガンの方に好まれてきましたが、最近では一般のスーパーでも見かけるようになってきました。

大豆ミート。ハンバーグ、から揚げ、炒めものなど、お肉のように使えます
大豆ミート。ハンバーグ、から揚げ、炒めものなど、お肉のように使えます

 ヘルシー志向の方なら、一度は試してみたいと思ったことがあるのでは? 興味があってもこれまでなんとなく手が出せなかった方に、お料理に取り入れやすい大豆ミートをご紹介します。

気軽に料理に取り入れられる「大豆ミートミックス」

 こちらは、2月13日にキユーピーから発売される「大豆ミートミックス」。

キユーピー「大豆ミートミックス」

キユーピー「大豆ミートミックス(4種豆と麦とキヌア入り)」

 肉そぼろのような食感の大豆ミートのほかに小豆、えんどう、ガルバンゾ、レンズ豆、大麦、キヌアをミックスしたもので、使い切りやすい小分けタイプになっています。

 サラダはもちろん、オムレツやスープに加えるだけと、簡単に料理に取り入れることができます。

「大豆ミートミックス」活用レシピ

大豆ミートミックスとオレンジのサラダ大豆ミートミックスとオレンジのサラダ

大豆ミートミックスとほうれん草のオムレツ
大豆ミートミックスとほうれん草のオムレツ
大豆ミートミックスのミネストローネ
大豆ミートミックスのミネストローネ
大豆ミートミックスと卵のチャーハン
大豆ミートミックスと卵のチャーハン

 同商品の価格は130円(税抜)。全国のスーパーなどで購入可能です。

 大豆ミートが気になっている方は、まずはミックスタイプのものから試してみてはいかがでしょうか。