「親子の時間」を大切にしたいお母さんへ

印刷用を表示
2020/02/13 17:00

幼児食ブランド「homeal(ホーミール)」が手がけるのは、栄養士や保育園勤務経験者など食のプロが一品一品丁寧に手作りするもの。そこに込められた想いとは。

 「homeal」は、親子で一緒に食べられる幼児食宅配サービス。管理栄養士や保育園勤務経験者など、プロが全てのメニューを開発、国産野菜や厳選した食材だけを使用し、一品一品丁寧に手作りしています。

 商品は急速冷凍により、おいしさと栄養をそのまま閉じ込めた冷凍パック。包丁いらず、10分温めるだけなので「ごはんを作る時間がない!」なんて忙しい日でも活躍してくれます。

 肝心のお味は、子ども向けに塩分や調味料を控え、素材の旨みを活かしたもの。全て親子2人分サイズとなっているのも嬉しいポイントです。

 冷凍食品というと、なんとなく敬遠してしまう方も多いかと思いますが、homealの開発にはこんな想いが込められています。

 私たちはこれまでに100人以上の親御さんの話をお聞きし、全ての親御さんが「子どもには栄養のある安全で美味しいごはんを食べて欲しい」という願いがあることを知りました。

 一方で、共働き世帯の増加やライフスタイルの多様化により、特に平日の夜には子どもとの食事を含めた満足な時間を過ごせていないことも分かったのです。

 実際に子どもに話を聞くと「ママやパパと一緒に遊びたい、ごはんを一緒に食べたい、一緒に寝たい」という"一緒に"という純粋な願いを持っていることも分かりました。

 幼児期は初めて見る野菜や魚などを警戒して食べない「新奇性恐怖」が強い傾向にありますが、大人が一緒に「おいしいね」「楽しいね」と食を共感しあう体験を重ねることで安心感を覚えて新奇性恐怖が和らぎ、豊かな食習慣や情緒の発達にも効果的であることが専門家の声として寄せられています。

 1歳〜6歳頃の「幼児期」という愛おしい時間は、あっという間に過ぎていきます。そんな大切な日々を”一緒に”過ごすためにも、最も大きな時間を取られている「料理」という家事をアップデートする必要があると私たちは強く思っています。

 「手抜きなんかじゃない、罪悪感なんて必要ない――」

 homealを活用して生まれるゆとりある時間を使って、子どもと一緒に過ごす"今しかない"時間を増やすこと。

 それが私たちがお客様にお届けしたい本当の価値でありミッションです。

 商品は単品のほか、お試しの3品セット・6品セットから。

「homeal」Webサイトより
「homeal」Webサイトより

 家事に育児に仕事に、いつも頑張っているお母さん。こういったサービスを上手く活用して、自分を労わってあげてください。

あわせて読みたい

▼子ども服の管理をラクにする。8つの工夫
▼「おうち図書室」で本が大好きな子どもに!
▼子どもの「家事参加」に大切な5つのこと

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/02/14 11:26 /article/detail/2597