【世界の喫茶文化】手軽に作れておいしい。インドのチャイ

印刷用を表示
2020/02/20 08:00

インドでは日常的に飲まれている「チャイ」。ミルクとお砂糖たっぷりで、あたたまりますよね。おうちでもできる、簡単な作り方をチャイ専門店「チャイブレイク」で教えてもらいました。

インドのチャイとは?

 「チャイ」と聞くと、スパイスが入ったインドのミルクティーを想像する人が多いのではないでしょうか。

 じつは、チャイという言葉は「茶」を意味していて、中国からお茶が伝わった国や地域で使われています。おもに陸路で伝わったところで使われていて、それぞれの国や地域で異なった飲み方がされています。

 代表的なものがインドのチャイです。インドのチャイとは、「煮出しミルクティー」のこと。

 東京吉祥寺にあるチャイ専門店「チャイブレイク」の水野学さんに、チャイについて教えていただきました。

チャイブレイクの店内。棚にはさまざまなインドの素焼きカップが並んでいます
チャイブレイクの店内。棚にはさまざまなインドの素焼きカップが並んでいます
専門店ならではの豊富な紅茶の茶葉と、チャイを作る道具、スパイスチャイに使うスパイスなども販売されています
専門店ならではの豊富な紅茶の茶葉と、チャイを作る道具、スパイスチャイに使うスパイスなども販売されています

インドではスパイスを使わないチャイが一般的

 インドでは、家庭によってさまざまなチャイのレシピがあります。

 私達がイメージするようなスパイスが入ったものではなく、スパイスを使わずに茶葉を濃く煮出して砂糖を加えたものがごく一般的です。

 スパイスを加えるチャイも、ミックスしたスパイスを使ったものは少なく、サフランを使ったものやカルダモンを使ったものなどがあり、お店の名物のようになっているそうです。

 チャイブレイクのスパイスチャイに使われているのは、シナモン、カルダモン、クローブ、ナツメグ、ジンジャー、ブラックペッパー。家庭で作る際は、好みのスパイスを使うとよいでしょう。

実は手軽に作れるチャイ。日常的に楽しんでみて

 おいしいチャイを作るポイントは、紅茶をしっかり煮出すこと。

 「濃厚なチャイのおいしさ=牛乳をたっぷり使うこと」と思ってしまいがちですが、牛乳だけで作らずに、水を使って紅茶のエキスをしっかり抽出することが大切なんだそうです。

 じつはチャイは手軽に作ることができます。だからこそ、インドでも日常的にカジュアルに飲まれているのです。

 チャイブレイクが大事にしているのも同じ。上品に紅茶を楽しむだけでなく、もっと毎日の暮らしのなかで気張らずに楽しめるものにしたいとの思いでチャイを提供しているそうです。

  • 1
  • 2