シンプルで快適な家づくり、工夫して良かったこと

印刷用を表示
2020/03/10 07:00

シンプルで清潔な住まいをキープしているぴょこぴょこぴさん。家づくりの段階から、収納・片づけのことを考えていたそうです。今回は、家づくりでこだわったポイントを教えてもらいました。

 家を建てる時、夫と希望を話し合ったり、家づくりの本をいろいろ読んだりして、こだわりたいポイントを具体化していきました。

 どんな家がいいかはご家庭によってかなり異なると思います。今回は、我が家がこだわったことや工夫して良かったと思っていることについて、まとめてみました。

 参考程度に眺めていただければ幸いです。

片づけ・収納のこだわりポイント

玄関よりも大きい玄関収納で、散らかりを防止

 玄関は置きたいものが多い上、物の出入りも多く、散らかりやすい場所。大きな収納は絶対に必要だと考えていたため、玄関の大きさは最小限にとどめ、玄関よりも大きい収納を造りました。

 この収納は、ウォークスルーになっていて、玄関からキッチンへと続いています。

 パントリーも兼ねているので、ネットスーパーなどでまとめ買いした食材の片づけもスムーズです。

造り付け収納で家具を減らす

 素敵な家具に憧れはありましたが、そういった家具はとっても高価。また、家具の裏側を掃除するのは大変ですし、背の高い家具は地震の時に転倒するかもしれません。

 ですので、収納のために必要な家具は造り付けにすることにしました。

 まずは、場所ごとにどのくらい収納するモノがあるかをノートに書きだして、必要な収納の量を考えました。それをもとに、どの部屋にどの程度の収納が欲しいかを設計士さんに伝え、具体的に落とし込んでいきました。

 たくさんのモノを収納できる大きな収納棚を設置したのは、モノが集中するリビングと玄関、そして2階の廊下の3か所。

薬、文具、書類などを収納しているリビングの棚
薬、文具、書類などを収納しているリビングの棚

 リビングには日常使いする薬や書類、文房具などを。玄関には靴や上着、ベビーカーなどを、さらに先述した通りパントリーとしても使用しています。

 2階の廊下収納には、クリスマスツリーやビニールプールなど季節もののほかに、防災や備蓄品を収納しています。

理想とは違ったけど。掃除しやすいキッチン

 キッチンは、実はオールステンレスのアイランドキッチンに憧れていました。

 しかし、ハウスメーカーの標準仕様のキッチンは、人工大理石のもの。オールステンレスを選ぶと、とても高額になるため諦めました。

 人工大理石と決まってからはスッキリした白にしたいと考え、色を選択できるところはすべて真っ白なものを選択。汚れを落としやすい琺瑯パネルや、継ぎ目のないシンクを選ぶなど、掃除のしやすさも考えました。

琺瑯パネルは磁石がくっつくので、マグネット収納ができるという良い点も。ラップはすぐ使えるようにマグネット付きのケースに入れてパネルにくっつけています
琺瑯パネルはマグネット収納ができるという良い点も。ラップはすぐ使えるようにマグネット付きのケースに入れてパネルにくっつけています
  • 1
  • 2

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む