北欧雑貨好きなら行きたい「リサ・ラーソン展」

印刷用を表示
2020/02/22 07:00

2月23日より、「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」が開催されます。東京・松屋銀座を皮切りに、全国巡回予定。

 北欧の雑貨やアート好きなら誰もが知っている「リサ・ラーソン」。

 今回開催される同展では、スウェーデンでのリサ・ラーソンの幼少時代からヨーテボリでの学生時代、「グスタフスベリ(スウェーデン発・テーブルウェアブランド)」での工房時代と彼女の創作の旅路をたどりながら、約200点の作品が展示されます。

リサ・ラーソン
リサ・ラーソン

 また、彼女が創作において影響を受けた、北欧を代表するデザイナー「スティグ・リンドベリ」などの作家たちの作品も約20点登場。それぞれの作家について語るリサ・ラーソンの言葉と合わせて展示されます。

「リサ・ラーソン展」特設サイトより
「リサ・ラーソン展」特設サイトより

 入場料は前売り700円、当日券が1,000円(各税込)。前売り券は2月22日まで、コンビニエンスストアなどで購入可能です。

開催概要

開催名:リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅
期間:2020年2月23日〜3月4日
時間:10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00閉場。一部開場時間が変更になる日も)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:一般1,000(700)円、高校生700(500)円、中学生500(400)円、小学生300(300)円(カッコ内は前売料金)
備考:前売券は、ヤフーパスマーケット、ローソンチケット(Lコード:31442)、セブンイレブンにて販売(2月22日まで)
問い合わせ先:松屋銀座 03-3567-1211

あわせて読みたい

▼“あきらめるインテリア”で一歩上の部屋づくり
▼アメリカ流インテリア、5つの基本ルール
▼フィンランドで出会った理想の家とインテリア