医師が教える「花粉の撃退法」3つ

印刷用を表示
2020/02/23 06:00

花粉症にはツライ時期がやってきました。どのような対策が有効なのか、花粉症のプロ・清益 功浩さんにお話を聞いてみましょう。

 例年2月頃から徐々に広がりを見せ、3月にピークを迎える花粉症。

 すでに近畿や関東では、飛散が確認されているところもあるようで、本格的な飛散が始まる前に早めに対策をすることが大切です。

 日本アレルギー学会認定の医師・清益 功浩(きよますたかひろ)さんに、花粉対策について伺ってみましょう。

教えてくれた人
清益 功浩さん<br>医学博士、日本アレルギー学会認定、専門医および指導医。京都大学医学部卒
清益 功浩さん
医学博士。日本アレルギー学会認定、専門医・指導医。京都大学医学部卒

花粉症のプロに聞いた、花粉の撃退方法

 花粉症の予防のポイントは、下記の3点です。

  • 周りの花粉を減らす
  • 体内への花粉の侵入を防ぐ
  • アレルギー体質の改善
花粉症予防と花粉撃退方法

 最後の「アレルギー体質の改善」はなかなか難しいので、既に花粉に対するアレルギー反応のある方は、花粉の時期に症状を抑えることが大切になります。ただし、今後は免疫療法によって、花粉症を治す方向になっていくでしょう。

 「体内への花粉侵入を防ぐ」には、外出時にマスクとゴーグルタイプの眼鏡が有効です。花粉症の症状を抑えるためには、できれば花粉の本格的な飛散開始日1週間前から、抗ヒスタミン薬などの症状を抑える薬を飲んでおくと良いでしょう。

 また、花粉症は約50個の花粉が鼻や目に入るだけで症状を起こすと言われています。そのため、外出時だけ気をつけるのではなく、長く過ごす屋内の花粉をできるだけ除去していくことが大切です。

 次に、花粉撃退に有効なのは「周りの花粉を減らす」ことです。屋外の花粉を減らすのは、北海道や沖縄への移住しかありませんので、まずは屋内の花粉を減らすことが肝心です。

 屋内の花粉を減らすには、やはり掃除機と空気清浄機が有効。空中は空気清浄機、床は掃除機を上手く活用しましょう。また、床の掃除だけでなく、衣服や寝具の掃除も重要です。

花粉対策のためのお掃除術

 窓際、玄関は花粉が侵入しやすいので、特に念入りな掃除をしましょう。まとめてより小まめな掃除機かけが重要です。

 できれば床だけでなく、ソ ファや棚の上なども掃除しておきたいものです。掃除機は、花粉がたまりやすい部屋の隅から中心に向けてかけると良いでしょう。

  • 1
  • 2