今年ももうあと少しで終わっていきますね。人気インスタグラマー、あさひさんによる「何にもなかったようでちゃんといろいろあった」1年を振り返った、じんわり心にしみるコラムをお届けします。

区切ってくれないと、終われない

 こんな真冬に季節外れかもしれませんが、今から、ちょっと怖い話をします。いいですか……。信じられないかもしれませんが、なんと、2017年があと、数日で、終了します……。

 今年の1月。年賀状を眺めながら、確かに「今年もあっという間に終わるんだろうなあ」と思いました。ええ、思いました、でも、その想像を! さらに上回るスピードで! 今年も、終わろうとしています。しかもその速度は年々、確実に早くなっていくのです。どうですか。怖い話ですよね。怖すぎてちょっと震えがきます。

 大掃除は終わりそうですか?そんな簡単に終わるわけがないですよね。大掃除どころか、うちは昨日の洗濯物すらまだです。年賀状は書き終わりましたか? 大丈夫、私はまだ年賀はがきを買いに行ってすらいません。なんなら今年はもういいか……と思ったりもしますよね。わかります。

 一体、世の中の何割の人が、1年をきちんと締めくくることができているのでしょう。コンビニは24時間あいていて、電車も毎日動いていて、大晦日も元旦も関係なく、たくさんの人が働いて。どうやって往く年とお別れして、来る年を迎えたらいいんでしょう。12月31日と1月1日との間に、一体なにがあるのでしょうか。なんにもないのです。賑やかにカウントダウンをして新年になっても、昨日から1分、進んだだけです。

 でも、そのなんにもない境目に、何か意味でも見出さないとやってられません。区切ってくれないと、終われないのです。終わってくれないと、進めないのです。仕事でもなんでもそうですが、締め切りがないと頑張れません。もうこれでいいや、と過去として手放せないのです。

あさひさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ