お母さんにエールを。「かもめ食堂」監督のショートムービー

印刷用を表示
2020/03/29 05:00

子育てに疲れたときに見たい、ほっこりするショートムービーをご紹介します。脚本・監督は映画「かもめ食堂」でおなじみ荻上直子さん。

 まだまだ手のかかる幼い我が子。あきれるようないたずらや、意味不明な行動もしばしば。

 無邪気な子どもが愛しくても、そんな日常に疲れてしまうこと、ありますよね。

 そんなときに見てほしいのがショートムービー『ぜんぶまるごと』。

『ぜんぶまるごと』
『ぜんぶまるごと』

 手がけたのは、素材そのものを活かした食品づくりを行う「ZENB」、脚本・監督は映画「かもめ食堂」でおなじみ荻上直子さん。

 荻上さん自身の子育てをもとに描かれた作品には、お母さんたちへのエールが込められています。

 荻上直子さんからのコメントはこちら。

脚本・監督 荻上直子さん
脚本・監督 荻上直子さん

 「子育てのかけがえのない一瞬一瞬を描きたい。まだまだ手のかかる幼い我が子。目まぐるしく過ぎてゆく毎日の中で、子どもの失敗についイライラして怒鳴ってしまったり、辛くあたってしまったり。後悔と自己嫌悪の繰り返し。だけど、ギュッと抱きしめたとたんにそんな気持ちは吹き飛んで、また笑顔になれる。振り返るとあっという間に過ぎてしまう一瞬がぜんぶまるごと愛おしい。そんな時間を大切にしたいと思って制作しました」

「ZENB」について

「ZENB」は、野菜の普段は捨ててしまう部分も可能な限りまるごと全部使い、まるごと野菜の栄養をおいしく食べられるようにすることで、人と環境、両方の“健康”につながる、新しい食生活を提案するブランド。

おいしくて健康的なものを気軽にとることができれば、毎日をもっとすこやかな気持ちでいることができる。生活者が安心できる食のカタチと暮らしを届けている。

あわせて読みたい

▼実の親に代わって子育て。私は「里親」をしています
▼なんで自分ばかり……。そんなとき思い起こすこと
▼不安や焦りを消す「非日常×ひとり時間」のすすめ

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/03/29 05:00 /article/detail/2683