【世界の喫茶文化】香港式ミルクティーってどんな味?

印刷用を表示
2020/03/11 08:00

香港式ミルクティーは、とても濃厚な味わいなんです。書籍『暮らしの図鑑 お茶の時間』から。

ロイヤルミルクティーのような濃厚な味わい

 鴛鴦茶(えんおうちゃ)に続いてもうひとつ、香港のお茶を紹介します。

 それは香港式ミルクティー。濃い目に淹れた紅茶にエバミルクという無糖の練乳を加えて作ります。紅茶の香りも高く、濃厚な味わいが楽しめます。砂糖は好みで加えますが、最初から入っていることもあります。香港式のカフェ「茶餐廳(ちゃさんちょう)」などで広く楽しまれています。

 イギリスの植民地だった時代にミルクティーを飲む習慣が伝わりましたが、牧場のない香港では新鮮な牛乳を使うことができず、練乳を使った方法が一般的になったとか。

 

出典:『暮らしの図鑑 お茶の時間 楽しむ工夫×世界のお茶100×基礎知識』翔泳社刊行 暮らしの図鑑編集部 編 より