何かと飲み食いの多いこの季節。クリスマス明けに豆乳蒟蒻麺をすすりながら、年末年始に何を食べようか考えました。

 こんにちは、編集部のイトウです。

 2017年のクリスマスも終わり、世の中は一気にお正月に向けた年末ムードですね。

 昨日まで赤や緑、ゴールドといった色に囲まれていた街が、迎春と書かれた墨文字やお正月飾りでデコレーションされています。

こんな感じの雰囲気が
こんな感じの雰囲気が
1日でこう
1日でこう

 この変わり身の速さが個人的には大好きです。

 特に好きなのは31日までは「第九」なのに、日付が変わった瞬間に「春の海」が流れるあの感じ。くるくると色々なものが切り替わりつつ、楽しくおめでたいムードが続く12月後半から1月前半はワクワク、セカセカしてしまいます。

 そして、この時期の悩みのタネはクリスマス、忘年会、大晦日、新年と普段とは違う飲み食いが増えること。お野菜が不足しがちだし、何より量を食べてしまうので、一体何キロ体重が増えてしまうことやら……。

 クリスマスに大量の鶏肉とケーキを食べてしまったこともあり、既にお腹がヤバいです。

 ここらで少しヘルシーなものを摂取せねばと思っていたタイミングで、らでぃっしゅぼーやさんから「豆乳蒟蒻麺 韓国チゲ風」をいただいたので、早速作ってみました。

 なんと、1人前180Kcal……! クリスマスの暴飲暴食がチャラになった気分です(現実逃避)。

 開けてみると野菜セットとチゲスープと具材と蒟蒻麺が入っていました。

 ちなみに、原材料はこんな感じ。余分な物入っていない感がすごいです。

 ちなみに私は小麦粉大好きで、グルテンフルな日々を送っています。そのため、蒟蒻麺はスーパーで気になるなぁと思いつつ、スルーしておりました。

 蒟蒻麺初体験です。果たして美味しいのか……?

水で軽く洗って水気を切った状態。プルプルしています。
水で軽く洗って水気を切った状態。プルプルしています。

 調理自体はスープと具材を鍋で煮立てて、野菜セットと麺を入れて野菜に火を通すだけでした。楽すぎてびっくりです。

 パッケージには10分キットと書いてあったんですが、お湯を沸かす時間などが加味されているので、作業の体感としては一瞬でした。

盛り付けたら完成
盛り付けたら完成

 野菜がちゃんとシャキシャキしていて驚きです。スープも辛味とコクのバランスが良くて、ついつい飲みたくなっちゃう味でした。

 プルンプルンしていた蒟蒻麺は水分が抜けたのか、少し硬質な印象に変化しました。

 蒟蒻だけあってプリッとしていて噛む時はブツッと切れる感じ。ラーメンなんかの麺とも、韓国冷麺の麺とも違う不思議な口当たりでした。

 これはこれでアリですね。

 ちゃんとお腹がいっぱいになったんですが、妙な重さがないと言いますか。罪悪感がないと言いますか。これでしばらくは、飲み会続きでも大丈夫な気がすると言いますか(これは錯覚)。

 「食べすぎちゃったな~」と思うことが多い時期には、こうして意識して軽めの食事を摂ったり、お野菜を多めにしたりといったコントロールが必要なんだなぁと実感しました。

 今週末に大晦日と三ヶ日用の食材を買い込む予定なのですが、いつもは食べたいものを欲望のままに購入するところを、今年はご馳走と軽いごはんのバランスを考えてカートに商品を入れようと心に決めました。

 あとは、当日のスーパーで心が揺らがないことを祈るのみです。

Writer PROFILE

  • 伊藤 桃子(翔泳社)さん

    みんなの暮らし日記編集部員です。ビールが大好きです。

伊藤 桃子(翔泳社)さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ