収納が難しい「二大巨頭」は冷蔵庫と押し入れ。その理由は?

印刷用を表示
2020/03/18 07:00

「収納の基本」を知って、家の中をすっきりさせましょう。整理収納アドバイザーのlinenさんが、使いやすい収納にするコツを教えてくれました。なぜ押し入れと冷蔵庫の中が乱雑になってしまうのか、その理由もわかりますよ。

 この春から新生活がスタートして、新しく必要なものが増えたり、家族の動線が変わったりした人は多いのではないかと思います。ライフスタイルが変わったときは、家の中の収納を見直す絶好のチャンス。新生活を快適に送るために、暮らしに合わせて収納を見直してみませんか?

まず、収納用品の種類を理解しよう!

 収納のコツを知る前に、収納用品の種類を理解しておくことが必要です。

 収納用品の種類によって、使いやすい収納方法が変わってくるからなんです。

 いろいろな大きさ、形の収納用品があふれているように思えますが、実は収納用品の種類は3つしかない、と私は考えています。

 その3つとは、

 1 引き出し収納
 2 棚収納
 3 フック(ポールも含む)収納

 です。え、そう? と不思議に思われましたか。この3つに含まれない収納用品もあるような気がしますが……。

 「引き出し収納」と「棚収納」の分け方はこうです。

▼「引き出し収納」とは上から中を見るタイプ。カゴやボックス、バッグも「引き出し」になる
カゴも「引き出し」です
上から中を見る「引き出し」収納
カゴも「引き出し」です
カゴも「引き出し収納」です
棚にボックスを置けば「引き出し」収納に
棚にボックスを置けば「引き出し収納」
▼「棚」収納とは前から中を見るタイプのもの。デスクやチェストの上は、「棚」に含まれる
棚にボックスを置けば「引き出し」収納に
(写真=イメージ)前から中を見る「棚収納」
棚にボックスを置けば「引き出し」収納に
(写真=イメージ)チェストの上やデスクの上も「棚収納」と言えます

 収納用品の分類方法、おわかりいただけたでしょうか。

 つまり、

 1 引き出しタイプの収納(カゴやボックス、バッグも含む)
 2 棚タイプの収納(デスクやチェストの上も含む)
 3 フック(ポールも含む)タイプの収納

 ということになりますね。

 ここでは「引き出し収納」と「棚収納」の収納のコツをご紹介していきますね。

  • 1
  • 2

linenさんの記事一覧

もっと読む