【のんさん】春いっぱいの7日間のお弁当

印刷用を表示
2020/03/22 06:00

みんなの7日間のおべんと日記をつづっていく、リレー形式のこの連載。お弁当のネタに困ったときに、やる気が出ないときに、お腹が空いたときに、ぜひご覧ください。

お弁当作りは、実は今しかできなこと

 「あの人のおべんと日記」第11走者は、のんさん(@non_la_non)です。

 和食を中心に野菜たっぷりのごはんをInstagramにアップしているのんさん。社会人の長女、中学2年生の次女、小学4年生の長男と、3人のお子さんにお弁当を作っています。

 お子さんが家を出るのは、朝の7時頃。それまでに3つのお弁当を準備しなければならず、毎朝4時半ごろに起きているのだそうです。

 毎朝4時半と聞いた瞬間、「大変そう……」と思った編集部ですが、のんさんはこんなことを話してくれました。

 「お弁当を作ってもらえることも幸せなことですが、お弁当を作ってあげたい人がいる毎日は、それ以上に幸せなことなんじゃないかなぁと思います。毎日当たり前のように作っているお弁当ですが、実は“今しかできないこと”なんですよね。

 目の前にある一日を大切にして、子どもたちの記憶に幸せを残せるような、心を育むごはんを作ってあげたい。そんな想いで、#心はぐくむごはん というタグをつけて投稿しています」

 そんなのんさんから送られてきたお弁当は、まさに春らんまん。まだまだ寒い日もありますが、のんさんのお弁当を見て、春が近づいていることを感じました。

 なかなか気分よく外に出ることができない日々が続いている2020年の春、見るだけで気持ちを明るくしてくれるお弁当の記録です。

  • 1
  • 2