子どもと楽しむ! 簡単おうちパフェ作りのコツ

印刷用を表示
2020/03/31 05:00

姉妹でカフェを営むutakoさん。お店の人気メニューのひとつがパフェです。おうちでもできる、パフェ作りについて教えてもらいましょう。

▼目次

 学校が長いお休みで、今日はどんなふうに時間を過ごそう? と迷ってしまったとき、お子さんとおうちパフェを楽しんでみてはいかがでしょうか。難しく考える必要はなく、市販のお菓子やアイス、フルーツなどを組み合わせるだけで大丈夫。簡単においしくパフェを楽しむコツをお伝えします。

夢のあるスイーツ、パフェ

 私は妹と一緒に1年ちょっと前に、横浜市にカフェ「Eat & Smile」をオープンしましたが、オープン以来、メニューのひとつとして季節のパフェをお出ししています(記事はこちら)。

 パフェは、旬のおいしさや皆が好きなものを盛り込んだ、組み合わせのおいしさを楽しむデザートです。組み合わせることによってそれぞれのおいしさが一層引き立つので、楽しみ方は無限大。見た目にもかわいく盛り付ければ、心躍るスイーツになります。

季節のフルーツを盛り込んだパフェ

 お店では、季節ごとに旬のフルーツを盛り込んだパフェをお出ししています。シンプルでありながら素材のおいしさが何倍にも楽しめるような組み合わせと、少しずつスプーンを進めていったときの味や食感の変化の楽しさ、そして見た目の美しさを大切にしています。

いちごとピスタチオのパフェ

いちごとピスタチオのパフェ
いちごとピスタチオのパフェ

 こちらは、「いちごとピスタチオのパフェ」。現在お出ししているパフェです。いちごはどんなスイーツにも合う最高のフルーツですが、ピスタチオとの組み合わせがとてもおいしいのです。

 上から順に、ラングドシャ、いちご、いちごのアイスクリーム、生クリーム、クレープをサクサクに焼いて砕いたフィアンティーヌ、ピスタチオの焼き菓子のビスキュイジョコンド、ピスタチオのアイスクリーム、はちみつ白ワインゼリーなどの組み合わせになっています。

甘夏とチーズケーキのパフェ

甘夏とチーズケーキのパフェ
甘夏とチーズケーキのパフェ

 こちらは去年4月ごろの「甘夏とチーズケーキのパフェ」。柑橘の中でもデコポン、伊予柑、日向夏や甘夏など、さわやかな晩柑類がいろいろと出回るちょうど今の時期のパフェです。

 上から甘夏のチップ、ベイクドチーズケーキ、甘夏のコンポート、バニラアイスクリーム、甘夏とホワイトチョコのクランチ、甘夏ソルベ、チーズクリーム、タイムの香る甘夏ジュレなどの組み合わせでした。

桃のパフェ

桃のパフェ
桃のパフェ

 こちらは去年の初夏にお出ししていた桃のパフェ。桃風味のチュイル、フレッシュの桃、桃のコンポート、ミルクアイス、パイ、桃のソルベ、ヨーグルトムース、桃とはちみつのジュレなどを盛り合わせています。桃もみんなが大好きなフルーツですよね。

 その他、季節にかかわらず和の素材を組み合わせたパフェなどもお出ししています。

パフェの構成を考えるコツ

 どのパフェにも言えることは、サクサクした食感のものとクリーミーな舌触りのもの、甘いものと酸味のあるもの、濃厚なものとさっぱりしたものというように、組み合わせの楽しさを大事にしています。

 またムースやケーキなどをうまく組み合わせて満足できるように、そして最後はさっぱりとした後味になるようなゼリーやソースで締めくくるように仕上げています。

 上から食べていったときに一緒に口に入る組み合わせを想像するといいですよ。

  • 1
  • 2

utakoさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/03/31 05:00 /article/detail/2773