お菓子教室を主宰する森映子さん。年末年始の持ち寄りパーティにピッタリのスイーツと、2018年ブレイクしそうな!? 注目スイーツを教えてくれました。

2017年は「柄」でした!

 みなさんこんにちは。

 神戸在住、フードコーディネーターの森映子です。

 毎年12月に発表される「今年の漢字」。

 その年の世相を表す一字ですが2017年は「北」でしたね。

 私にとっての一文字は「柄」です!

 このコラム連載の第一回目で詳しく書いている「#柄トースト」。

 食パンにジャムやクリームを使ってお絵かきしただけで劇的に生活やお仕事が変わりました。

 今回のコラムは「情熱大陸」のBGMを流しながら(各自みなさんでお願い)綴りたいと思います。

 ちゃんとスイーツレシピもご紹介しますので何卒最後までお読みください。

 チャンネルはそのままで。

 2017年もいろんな食べ物が流行りましたね。

 その中でもやはり「トーストアート」。

 私がインスタグラムで投稿している柄トーストは大きなくくりでこの分野に入ります。

 広く一般的に朝ごはんとして食べられている食パンを使うことで、より多くの方の目に留まったんだと思います。

 海外メディアにもたくさん取り上げていただきました。

 インスタグラムつながりでお仕事もたくさん舞い込んできましたよ!

コーヒー柄
コーヒー柄

 フルーツから始まった柄も今では多種多様。

 食パンの種類や形を変えたりして……数えてみたら、ただ今、80パターン!

 よくやった自分。

 先日は関西圏では有名な朝の情報番組からも取材を受けてなんとテレビにまで出てしまいました。

 何が起こるかわからないから人生って楽しい。

雪だるま柄
雪だるま柄

 行事ごとや季節感も取り入れています。

 「雪だるま柄トースト」。

 ベースのサワークリームを使って雪だるまの形に絞り、上からたっぷりの粉砂糖を振りかけてチョコペンで目と口を描いたら完成。

 雪の立体感が出て本物のパウダースノーみたいになりました。

 ところでネタは尽きないの? ってよく聞かれます。

 正直尽きてきました。

 ところが日々の生活やご飯の支度の中でフッと柄を思いついたりして、

 翌朝また食パンに腰をかがめてチマチマとお絵かきしてるということは……やっぱり「好き」なんですね。柄トーストが。

 でもね。実はわたくし不器用なんです。

 お菓子教室やトーストアートをしているからさぞや手先が器用、と人様に思われるんですが本当はパンツのゴムすらまともに入れることのできないダメ女なのです。

 裁縫なんて一番苦手。

 ボタン付けをすれば針で指を刺さないことはない、ミシンを触ればなぜか太い針が折れる、

 挙句、娘のダンスの衣装を仕方なく作らなければいけない場面で

 ズボンの足が出るところ(裾)を縫い付けてしまうという伝説も作ったほど。

 なんせ細かいことが苦手なのです。

 あっ!アイシングクッキーも習おうとして2回で辞めたわ……。

 これはもうブームが過ぎ去ろうが何だろうが「好きこそものの上手なれ」の精神で細々と続けていくしかない!

 あと300柄ほど頑張って「日めくり」にして販売なんてどうかしら?

 では本題です。(まだ入ってなかったのね)

 2017年はいろんなインスタ映えスイーツも流行りましたね。

 中でもいろんなビスケットをのせたブラウニーは、混ぜて→のっけて→焼きっぱなしの簡単さがウケて、SNSでブレイクしました。

森 映子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ