持ち寄りに最適なケーキをご紹介!

 ではここで、コホン。

 一応本業はお菓子教室主宰が肩書ですので

 年末年始のティータイムや持ち寄りに最適な、レアチーズケーキのレシピをご紹介!

 昔からある「たべっ子どうぶつビスケット」をのせるとかなり可愛くなります。

 そうそう、レアチーズケーキはグラハムクラッカーなどを砕いて敷き詰め、土台にすると美味しいのですが

 グラハムクラッカーなんてどこで買えるねん!ってツッコミたくなる方に嬉しい材料をご紹介。

ココナツサブレ
ココナッツサブレ

 こちら、多くのスーパーで売られていると思います。

 サクサクでお味も良いので土台に使うには最適!

 ベイクドチーズケーキやムースケーキなどいろんなケーキに使えるので覚えておいてくださいね。

 できあがったケーキをどうやったらキレイにカットできるか、コツもお伝えします。

 みんなで作ってインスタ映え写真を撮ってみませんか?

ビスケットをのせたレアチーズケーキ

(18㎝の底をはずせる丸型一台分)

【材料】 
・底生地
ココナツサブレ・・・10枚ほど
バター・・・40g

・レアチーズ生地
クリームチーズ・・・200g
グラニュー糖・・・70g
牛乳・・・40cc
板ゼラチン・・・7g
水(ゼラチン用)・・・大さじ2杯
生クリーム・・・150cc

・トッピング
たべっ子どうぶつビスケット・・・お好みの枚数

【準備】
・ボールにクリームチーズを入れて常温にもどす
・バターは電子レンジで溶かす
・板ゼラチンはたっぷりの冷水(分量外)につけてふやかす
・焼くまでにオーブンを温める

【作り方】
①底生地を作る
ココナツサブレをビニールに入れて上から麺棒などでたたいて細かく砕く。
溶かしバターを加えてビニールの上からよく揉んでなじませる。
型の底に敷きコップの底などで押し固めたら180度のオーブンで6~7分焼いて冷ましておく。

②耐熱カップに水(大さじ2杯)とふやかして水気を絞ったゼラチンを入れ、レンジで溶かす。

③クリームチーズをハンドミキサーでクリーム状に練りグラニュー糖、牛乳の順に入れ溶きのばす。
これを②のゼラチン液に大さじ3ほど加えて混ぜたものを、チーズ生地に少しづつ戻しながら混ぜ合わせる。

④別のボールで生クリームを3分立て(少しゆるい目)に泡立て③のボールに入れて混ぜ合わせる。

⑤底生地を敷いた型に④を流し入れたら表面にビスケットを乗せる。
全面にバランスよく。まるでパズルをするように。
冷蔵庫で3時間ほど冷やし固める。

【コツ】
※完全に冷えたケーキを上手に取り出すには、濡らした布巾をレンジであたため、ケーキ型の周りに貼り付けて側面を温めてから底を外すと取りやすくなります。

手はずし

※ビスケットがのっていると、カットがうまくいかないのでは?
→冷やし固めているうちにビスケットが吸水しますので大丈夫です。温めた包丁でゆっくり小刻みにカットすると、キレイに分けることができます。

カット面

※オーブンを使いたくない場合は底生地をなくしても十分美味しいです。

ケーキ

森 映子さんの記事一覧

もっと読む