生地をこね、発酵させ、成形し、自分の手で焼いたパンは、一つひとつが愛おしい。すべて並べて、パン鑑賞をしたくなるような、見た目がかわいらしいパンを7つご紹介します。

▼目次

 なんの変哲もない食パンや丸パンでも、ふっくら丸みを帯びたフォルムが愛おしくて「かわいい」とつぶやきながら、焼きたてのパンを眺める――パンを焼く楽しみのひとつは、そんな時間だったりもします。

 どのパンも愛おしく感じる手作りパンですが、中でも、特にかわいい、美しいと感じるものを7つご紹介します。

ヴィエノワ

 ヴィエノワは、「ウィーン風フランスパン」という意味。

 その昔、素朴なパンしかなかったフランスで、ウィーン(オーストリア)の上質なパンを手本にして作られたのがヴィエノワです。

 細かいクープが美しく、まさに洗練されたパンという印象。

 フランスでは、サンドウィッチにして食べるのが一般的とのことですが、朝ごはんにそのまま皿にのせるだけで、圧倒的な存在感。

 よく見かけるミルクフランスも、パンをヴィエノワに変えるだけでとってもおしゃれな雰囲気になります。

【動画】ヴィエノワの作り方

雪の結晶パン

 寒い冬の日に作りたくなるのが、雪の結晶をかたどったパン。

 成形の方法は少し変わっていて、数枚のパン生地の間にジャムなどをぬって重ね、切り込みを入れて、ねじります。

 写真のパンは、ジャムの代わりにシナモンシュガーを挟んだもの。仕上げに粉糖を振って、穏やかな冬の夜に、テーブルにのせたくなるような落ち着いた色合いに仕上げました。

 真っ赤ないちごジャムをはさめば、クリスマスにぴったりの華やかなパンになりますよ。

【動画】雪の結晶パンの作り方

森嶋 マリさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/04/10 05:30
2020/04/10 05:30 /article/detail/2832