あけましておめでとうございます。2018年がいよいよ始まりました。新年1日目はおせちやお雑煮を召し上がるかたも多いのではないでしょうか? お雑煮といえば、ご家庭によって様々な形がありますよね。わが家はこんな感じです。

 あけましておめでとうございます、編集部のイトウです。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。さて、2018年もはじまりましたね。スタートしたからには、今年も無理のない範囲で頑張りたいものです。

 とはいえ、今年のわが家の元日は「包丁使わず」のルールをしっかり守り、お雑煮とおせちをつまみながら、のんびり過ごしています。しかも、今年のおせちはふるさと納税でいただいたもの。冷蔵庫から出すだけでお手軽でした笑

 注文したおせちは手作りと違って、届いてからテーブルに出すまで中身が見えないのでその点だけドキドキでしたが、美味しそうです。予想していたものと違っていたらちょっと悲しいなと思っていたので、ホッと一息。

 おせちの中で一番好きなのは数の子なのですが、私が作ると数の子の塩を抜きすぎて妙にボソボソしてしまうことが多いです。今回は、さすがといいますか、とても良い歯ざわりでした。

 そして、お正月の食卓に欠かせないのがお雑煮ですね。皆さまのご家庭はどんなものを召し上がっていますか?

 わが家のお雑煮はこんな感じです。

具材が根菜だけなので、前日に火を通して作り置きしています
具材が根菜だけなので、前日に火を通して作り置きしています

 白味噌ベースに丸餅、お餅は焼かずに煮ています。具材は金時人参と海老芋を茹でたもの。

 写真では具材がわかるようにしていますが、実際は白い汁の中にお餅もお芋も沈んでしまって、うっすら人参の赤が見えるかな、程度。パッと見はポタージュみたいです。

 こちらのお雑煮は私の実家ではなく、夫の方に合わせたものです。一方私は焼いた角餅をおすましに入れるというお雑煮(2日以降は焼くのが面倒になってお餅を煮はじめる)に慣れ親しんでいました。ですから、真っ白なお椀をはじめて見た時の驚きは結構大きなものでした。

 味もまろやかで甘く、まったりとした優しい口当たりです。すまし汁のサッパリ塩味とは違い、当初は戸惑いを感じましたが、今ではお正月が近づいてくると「そろそろ白味噌を買わなきゃな」と自然に思ってしまうほど大好きです。

 お雑煮と言っても地域やおうちによって、全然違って面白いですよね。海鮮が入っていたり、お肉が入っているお雑煮もあると聞きます。こういう多様性があるのって素敵だな、と思います。

 そんなことを考えながら食事をしていたら、お餅もおせちも食べすぎてお腹がぽんぽんになってしまいました。

 ちょっとのんびり(ぐうたら?)しすぎてしまったので、運動がてら明日はお部屋の掃除をしたりしようと思います……。

Writer PROFILE

  • 伊藤 桃子(翔泳社)さん

    みんなの暮らし日記編集部員です。ビールが大好きです。

伊藤 桃子(翔泳社)さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ