ローマのおいしい話

試してみて!本場仕込みの絶品パスタ2種

忘れられない! 最高においしかったパスタとは

 20年間イタリアで生活してきて、たくさんのパスタを食べてきました。

 おうちパスタ、レストランでのパスタ。お呼ばれしてしていただいたパスタ。いろいろですが今でも忘れられないお味があります。

 それは友人のアニェーゼさんの作ってくれるスパゲッティです。アニェーゼさんは友人といってもかなり年上で、すでに2人の娘さんを育て上げられ、今はご主人のぺトリックスとナポリで暮らしています。毎週末娘さんたちがそれぞれの家族を連れて、大人数のランチをするそうです。

 おいしく食べてほしいから手間も暇もいとわないという彼女の料理は最高です。家族ぐるみのお付き合いだったので、夏になるといつも、バカンス先の別荘にお邪魔していました。そこでいただく、ボンゴレスパゲッティのおいしさといったら! ナポリ人らしく、フレッシュなトマトがたっぷり入っていて、貝のうまみをうまく引き出しています。我が家ではこれを食べないと夏が始まらないなんてよく言っていました。

 うちの娘などもいまだに「アニェーゼさんのパスタが食べたい」なんて言います。

 作り方を何度も見てきたし、教わっているのですが私が作るのとはどこか違うおいしさがあります。まさに“マンマの味”なのです。レシピを載せますのでぜひ作ってみてください。

アニェーゼさんの絶品ボンゴレスパゲッティ

【材料】(4人分)
スパゲッティ320g
あさり1㎏
ぺペロンチーノ(赤唐辛子)1個
にんにく1片
白ワイン1/2カップ
オリーブオイル(※エクストラバージンタイプを使用)大さじ4
プチトマト24個位
イタリアンパセリ少々

【作り方】
①フライパンに砂抜きしたあさり、白ワインを入れ、蓋をして蒸し煮にする。殻が開いたら取り出し、半分殻からはずし、汁は漉しておく。

②オリーブオイル大さじ3とみじん切りのニンニク、ぺペロンチーノ(赤唐辛子)を入れ、香りを出す。プチトマトを丸ごと加え、①のあさりの汁を入れ、中火で軽く煮る。

③①のあさりを加え、茹でたパスタを入れてしっかりとからめ、残りのオリーブオイルとパセリのみじん切りをふる。

【ポイント】
・オリーブオイルは多めです。あさりの汁とトマトにしっかりとからませ、とろみのついたコクのあるソースに仕上げます。
・スパゲッティーニ(太さ約1.6mm)でなくスパゲッティ(太さ約1.9mm)を使います。
・茹でたスパゲッティはしっかりとソースにからませます。 私はいつも茹でたパスタを手早くからめると習っていたのですがアニェーゼさんはいつも時間をかけてしっかりとからめていました。かといってパスタが伸びているわけではなく、なるほど…と思ったことがあります。

曽布川優子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ