ローマのおいしい話

試してみて!本場仕込みの絶品パスタ2種

衝撃的なおいしさだった「トマトの水」のパスタ

 そして一番衝撃というかびっくりしたパスタが、カラブリアのシーラという山奥にあるレストラン「タベルネッタ・ディ・ピエトロ・レッチェ(Ristorante La Tavernetta di Pietro Lecce)」で食べた「アクア・ディ・ポモドーロ」というパスタです。

 このレストランの経営者・ピエトリーノは食のこだわりがすごく強く、地元・シーラの山で取れた食材を積極的に使い、生ハム用の豚も自分で飼育しています。そんな彼が作る料理はいつもおいしさと驚きがいっぱい。

 アクア・ディ・ポモドーロもその一つです。直訳すると“トマトの水”という意味ですがまさにトマトの水分を使ったパスタでした。

 さっそくうちでも作ってみました。見た目はペペロンチーノのようなオイルパスタですが、食べるとトマトの味がします。これがおいしい~!

「アクア・ディ・ポモドーロ(トマトの水)」のリングイーネ

【材料】(2名分)
トマト800g
リングィーネ180g
オリーブオイル大さじ2と小さじ2
ニンニク1片
バジリコ4~5枚
プチトマト1個
グラナ・パダーノチーズお好みで

【レシピ】
①トマトをミキサーにかけキッチンペーパーなどをしいたざるにのせ、一晩漉す。

②透明なトマトの汁(アクア・ディ・ポモドーロ)が420ccくらい取れる(※トマトによって取れる水分は変わります)

③フライパンにオリーブオイルを大さじ2入れ皮付きのニンニクを軽くつぶして加え、香りが出たらすぐ取り出し、②のアクア・ディ・ポモドーロとバジリコを入れる。

④標準時間より2分短めに茹で上げたリングィーネを加え、少し煮詰める感じでパスタにソースをからませ、塩で味を調える。

⑤火から下ろし、オリーブオイルを大さじ1加え、器に盛り付け、プチトマトとバジリコを添え、お好みでチーズをふる。

曽布川優子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ