うつわと花の組み合わせを楽しみましょう

印刷用を表示
2020/06/18 05:00

食器はたくさん持っているけど、使いこなせていない。そんなときは、花器や鉢植、カトラリー立て、アクセサリートレーなど、インテリアとして取り入れてみてはいかがでしょう? 書籍『暮らしの図鑑 うつわ 楽しむ工夫×注目作家55人×基礎知識』より。

花器と花の組み合わせを楽しむ

 暮らしに彩を与えてくれる季節の花。さまざまな花と花器との組み合わせを考えるのも楽しいものです。

 ゴージャスな花束や本格的な華道もよいですが、シロツメクサや小菊など、庭先や野に咲くささやかな花を気軽に飾ってみるのも素敵。

 一輪挿しや小さな花瓶に、気負わずそっと活けてみてください。

 花器を選ぶ時には、口の大きさがポイント。

 花の茎や束に対して口が広すぎると、バランスが悪く見え、花がばらけてしまいます。うまく活けられないときは、口のすぼまったうつわを選ぶと、バランスがとりやすくなります。

 コツがつかめてきたら、あえて広口に小さな花をのぞかせてみたり、這うようにのびる蔓性のグリーンを徳利に活けてみたり。

 いろいろな活け方を試してみましょう。

うつわのある暮らしを楽しむアイデア、コツが満載の一冊

出展:書籍『暮らしの図鑑 うつわ 楽しむ工夫×注目作家55人×基礎知識



みんなの暮らし日記ONLINE 2020/06/18 05:00
2020/06/18 05:00 /article/detail/2962