小さなうつわは、遊び心を全開に楽しみましょう

印刷用を表示
2020/06/25 13:00

たくさん集めたくなる豆皿や小さめの皿は、ちょっと冒険して、いろんなデザインのものを取り入れると楽しいですよ。書籍『暮らしの図鑑 うつわ 楽しむ工夫×注目作家55人×基礎知識』から。

豆皿や小さなものを集めて

 日々の食卓に必要なうつわや好みの酒器を揃えたところで、暮らしのアクセントになりそうな、小さなものを集めてみてはいかがでしょう?

 食卓に置いたままにする醤油さしや調味料入れは、そこにあるだけで静かに存在感を放つものを。ミルクピッチャーは、一輪挿しとしても使うことができます。

 小さなものなら、収納面積も小さめ。たくさんの作家モノが欲しいという人でも、小さな豆皿ならしまい場所に困りません。

 差し色になるもの、絵柄の多いものなど、冒険するのもよいですね。

 コーディネートよりも、直観を大切に。遊び心を全開にして、楽しんでみて下さい。

 なお、うつわ本来の色味は自然光の下で確認しましょう。

うつわのある暮らしを楽しむアイデア、コツが満載の一冊

出展:書籍『暮らしの図鑑 うつわ 楽しむ工夫×注目作家55人×基礎知識



みんなの暮らし日記ONLINE
2020/06/25 13:00 /article/detail/2965