引き出しの中を大改善、収納の模索は続く

印刷用を表示
2018/02/01 12:00

一度収納場所を決めたり、片付けをしたりしても生活を続けるうちに「なんか、もう少し良い方法があるんじゃないかな……?」と感じることはありませんか? ぴょこぴょこぴさんは、キッチンの引き出しのなかの収納を一からやり直すという大掛かりな改善をしたことがあるそうです。

収納や片付けの改善

 家を建てるとき、「どこに何を置きたいか?」をノートにすべて書き出し、必要な収納を考えました。各収納のなかもどのように整えるか考えてから引越しをし、収納グッズを買ってから荷物の片付けをしたので、いったんそれなりにきれいに片付きました。

 しかし、実際住んでみると、使い勝手が悪いところが出てきたり、もっとこうしたほうがいいというアイデアが浮かんだりしました。また、子どもの成長に合わせて、必要なものや、最適な収納方法も変わります。

 そのため住みはじめてからは、ちょこっと改善や、大掛かりな改善――収納方法を大きく変えた場所がいくつかあります。

ちょこっと改善

 フックを付けてものをつるしたり、収納ボックスを少し増やしたりするような、ちょっとした改善は、思いついたらすぐに実行しています。そのため、フックはお気に入りのものをストックしています。

よく使うウタマロ石けんはすぐ使えるようにつるしました。また、コップは吸盤でくっつけられるものに買い替え、子どもが自分で取ることができる位置に付けました。

 収納ボックスは、主に無印良品の決まったものを使っています。そのため、ここを仕切りたい、ボックスを追加したいなど改善案が思い浮かんだら追加購入して、すぐに改善しています。

すぐになかがゴチャゴチャする子どものお菓子入れは、ボックスで仕切りました。

 収納グッズは、使いまわしがきき、購入しやすいものを定番にしておくと、悩まなくても収納改善がしやすいと思います。収納グッズは、無印良品でなくても、IKEAやニトリなどにもいいものがたくさんあると思いますが、わが家の場合、無印良品の店舗がいちばん行きやすく、デザインも好みなので利用しています。

大掛かりな改善

 大きな収納をまるごと改善したいときや、引き出しのなかを細かく仕切って小物の位置を定めたいときなどは、思いつきではじめず、まず計画を立てます。ぴたりと収めたいときや、押し入れ全体の改善などの場合は、なんとなく収納グッズを買ってスタートしてしまうと、うまくいかないことが多いからです。

 収納のサイズを測り、「何を収納したいか」「収納したいものの使用頻度」などを考えながら計画を練ります。また同時に、「不要なものをしまい込んでないか?」「収納グッズを買い足したり、貴重なスペースを埋めたりしてまで保管しておきたいものか?」も考えます。不要なものは、リサイクルショップへ売る、譲渡する、捨てるなどします。

 ここからは、実際にキッチンの引き出しのなかを改善したときのことを紹介します。

  • 1
  • 2

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ