日々子育てに邁進しながら、簡単&おいしいレシピをブログで発信している、めろんぱんママさん。今回は、フランス発・新年を楽しめる伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」のお話。手軽にチャレンジできる、簡単レシピを紹介してくれました!

新しい年の運試しに!? フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」をどうぞ

 「ガレット・デ・ロワ」とは、フランス語で「galette des rois」、王の薄焼きパンという意味です。

 ガレットという言葉から、そば粉のクレープを思い出す方もいらっしゃるかもしれません。小麦から作られた世界最古のパンともいわれる、平たく焼いた丸いパン。その名が「ガレット」でした。

 ガレット・デ・ロワを食べるのは、1月6日の公現祭エピファニーです。けれど、本場フランスではノエルの終わった頃から1月中ずっと、パン屋さんやケーキ屋さんなど街のあちらこちらでガレット・デ・ロワを見つけることができます。

 季節の伝統菓子として愛されているガレット・デ・ロワ。

 できればいろいろな味を期間いっぱい、おなかいっぱい、心ゆくまで堪能したいです。けれどフランスは遠いし毎日は忙しいしで、なかなかその希望は叶いそうにありません。

 ならば自分で作ろう、ということで焼きはじめたのが、おうちで手づくりできる簡単ガレット・デ・ロワです。

手作りしました
手作りしました

 楽しみは何といっても、中に入ったフェーヴを当て、紙製の素敵な王冠をかぶること。

 子どもたちが毎年楽しみにしてくれているので、我が家ではすっかり新年になじみの行事となりました。

 フェーヴのもとの意味はそら豆を示すfeveのことで、陶器製のものが主流です。熱心なコレクターがいるほど、たくさんの種類があります。

 日本では誤飲を防ぐため固いフェーヴではなく、ローストしたナッツ類やレーズンを入れることが多いです。お店のものでも豆やナッツで代用し、ガレットに添えて売っていることがほとんどです。

 誰に当たるかは、切り分けられたガレットを食べてからのお楽しみ。

 そんなドキドキする気持ちも、何よりのご馳走なのかもしれません。

めろんぱんママさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ