みんなの暮らしで活躍している無印良品のモノたち

印刷用を表示
2020/05/31 05:00

あんなところやこんなところ。暮らしの至るところで活躍してくれる無印良品のアイテム、意外と知らない隠れた名品もあったりするんですよね。みんなどんなアイテムをどのように使っているのでしょう? これまで紹介してきた無印良品に関する記事をまとめました。

▼目次

キッチンで活躍する無印良品アイテム

 なかなか理想の形にたどり着けないのがキッチン収納。いろいろ試行錯誤している方も多いのでは?

 無印良品には、シンプルで使いやすいキッチン収納を叶えてくれるアイテムがたくさんあります。

ステンレスワイヤーバスケット

 まずは、様々な大きさのラインナップがある「ステンレスワイヤーバスケット」シリーズから。

 オープンキッチンで見せる収納をしている整理収納アドバイザーのchieさんは、小皿やタッパー、グラスなどの小物を「ステンレスワイヤーバスケット」に収納しています。

 バスケットにまとめることでモノの適量をキープできるほか、バスケットごと持ち上げてサッと棚板のほこりを拭きとれることができるから掃除もしやすいのだそう。

ステンレスボトルラック

 シンク周りで使う小物も「ステンレスボトルラック」にまとめて入れることで、拭き掃除が楽になります。このラックなら風通しもいいので、中の物を清潔に保てますね。

洗剤とハンドソープも無印良品の詰め替えボトルに。400ml入るから、頻繁に詰め替えせずに済むのだそう
洗剤とハンドソープも無印良品の詰め替えボトルに。400ml入るから、頻繁に詰め替えせずに済むのだそう

ポリプロピレン収納ラック

 次は「ポリプロピレン収納ラック」シリーズ。

 写真のように用いて棚に仕切りをつけると、スペースを有効活用できます。

 違う種類・大きさの皿を重ねるより、棚を細かく仕切って同じ種類・大きさの皿だけを重ねてしまうほうが、取り出しやすく、しまいやすいですよ。

 こちらのラックは積み重ねることもできるので、シンク下などで使うと、空間をうまく活用した整理整頓ができます。

chieさん宅の見せるキッチン収納を詳しく紹介している記事はこちら
無印グッズで、スッキリ快適キッチンに変わる!

仕切りスタンド

 ホットプレートやその付属品、すし桶、トレーなど大きめのキッチン道具は、重ねて収納すると下のものを取りにくくなります。高い位置にある棚にしまう時は特にです。

 そういった大きめのキッチン道具は、仕切りスタンドを使って、立てる収納にするのがおすすめ。こちらは、SAYAさん(@saya.s.a)宅のキッチンです。

頭より高い位置にある収納棚の中。こうして立てて収納すると、手を伸ばせば出し入れができます

頭より高い位置にある収納棚の中。こうして立てて収納すると、踏み台を使わなくても、手を伸ばせば出し入れができます

 無印良品には、アクリルとスチロールと2つの素材の仕切りスタンドがあります。仕切りの幅も大と小があるので、しまうモノの大きさによって使い分けられて便利です。

 ほかにもSAYAさんは、皿の収納にも仕切りスタンドを活用されていました。

お気に入りの皿を種類ごとにスッキリ収納! これなら出し入れもスムーズです
お気に入りの皿を種類ごとにスッキリ収納! これなら出し入れもスムーズです

SAYAさん宅のキッチンを詳しく紹介している記事はこちら
シンプルな北欧テイスト♪好きなモノだけ集めたキッチン

ファイルボックス

 キッチンの引き出しの中で活躍するのが「ファイルボックス」シリーズ。こちらも、素材と大きさに様々なラインナップがあります。

 よく使う調味料をまとめたり、水筒など高さのあるものを入れたり、バットやトレー、フライパンやそのふたなどを立てて入れたり。なにかと使えるので、キッチンの引き出し整理には必須のアイテムです。

アルミフックマグネットタイプ

 清潔に保ちたいキッチンスポンジ。スポンジホルダーが汚れていたら、もともこもありません。

 eiriyさん宅では、アルミフックマグネットタイプを使って、スポンジをこのように吊り下げているそうです。ホルダーを置く必要がないため、シンク内を広く使えます!

食器用とシンクを洗う用の2種類
食器用とシンクを洗う用の2種類

センス抜群なeiriyさん宅のキッチンはこちらの記事で
収納のコツがたくさん隠れてるコンパクトなキッチン

みんなの暮らし日記編集部さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/05/31 05:00
2020/05/31 05:00 /article/detail/3029