辻調グループの梅のデザートレシピ

印刷用を表示
2020/05/31 06:00

そろそろ梅の季節がやってきますね。あっという間に過ぎ去ってしまう生梅の季節、逃さず楽しみましょう。

 これから旬を迎える食材「梅」を使った、子どもも大人も楽しめる辻調グループの簡単レシピをご紹介!

青梅の甘露煮

 甘酸っぱい初夏のおやつ「青梅の甘露煮」。煮崩れを防ぐには、ちょっとしたコツがあるんです。

材料(約30粒分)

・青梅 500g
・グラニュー糖 400g
・水 800ml

作り方

1.青梅を水で洗い、竹串でヘタの部分をていねいに取り除いたら、竹串で全体にまんべんなく穴をあける。

【ポイント】青梅の表面に穴をあけておくと煮崩れが防げ、さらに甘味がしみ込みやすくなります。

2.鍋に青梅を入れ、かぶる程度の水を入れて火にかける。湯気が出てくるくらいに熱くなったら水を捨てる。再び水を入れて火にかけ、沸騰前に水を捨てる。これを2回繰り返したらざるにそっとあげて、水気を切る。

【ポイント】沸騰させると青梅の皮が破けて、煮崩れしてしまうので注意!

3.鍋に水800ml、グラニュー糖400gを入れて火にかける。

4.青梅を加え、沸騰させすぎないように弱火で約30分煮る。火を止めて室温で冷ましたら、きっちりと蓋のできる容器に入れて冷蔵庫で保存する。

【ポイント】火加減が強すぎると皮がはじけて、煮崩れしてしまいます。

自家製梅ジュース

 天日干しから始める本格的な梅ジュースのレシピです。

 炭酸で割って爽やか梅ソーダに! お好みでレモンやライム、ミントを添えてアレンジしてもいいですね。

材料

・青梅 1.2kg
・氷砂糖 1.2kg(好みで10%ほど減らしてもOK)
・保存瓶 4Lサイズを1個
・保存瓶 2Lサイズを1個

作り方

1.使用する保存瓶をよく洗い、しっかりと拭いて乾燥させておく。

2.梅の実を一つずつ確認して、果実の割れや傷みのあるものは除く。

3.真水でていねいに洗い、そのまま3~4時間ほど水に浸してアクを抜く。

4.布の上に梅の実を置いて天日で乾かすか、果皮に傷をつけないように柔らかい布で水気をふきとる。

5.ヘタの部分を竹串で取り除く。

6.チャック付きの冷凍用保存袋に梅を入れて、24時間冷凍する。冷凍することで梅の果肉組織が壊れて砂糖漬けの時間が短縮されます。冷凍しない場合はフォークなどで果肉の表面に穴をあける方法でもOK。

7.氷砂糖で凍った梅を挟むように交互に保存瓶に詰めて、10日ほど漬け込む。

 漬け込んで6日目ごろからエキスと梅ジュースが出てきます。毎日2~3回ゆっくりと保存瓶を回して、氷砂糖と梅を混ぜ合わせます。

8.漬け込んで10日ごろに味見をして、甘くてほんのり爽やかな味わいがすれば仕上げに入る。大きめのボールにざるをのせ、梅だけを穴杓子ですくいざるにあける。鍋に保存瓶の液体と溶け残った氷砂糖を残さず入れ、中火にかけてヘラで混ぜながら加熱する。

9.沸騰直前に火を弱めて、浮いてくるアクをていねいに取り除く。そのまま3~5分ほどかるく煮立たせて火を止め、鍋の中に水が入らないよう注意しながら氷水に当ててなるべく早く冷ます。

10.最後に目の細かい布(さらしなど)で静かにこしてしっかりと冷まし、保存瓶に入れて冷蔵庫か冷暗所で保存する。

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/05/31 06:00 /article/detail/3033