初心者におすすめの観葉植物 はじめの一鉢を選ぶコツ

印刷用を表示
2020/07/16 05:00

ちゃんと育てられるか不安で、観葉植物を迎えるのをためらっている方もいるかもしれません。初心者でも育てやすい観葉植物は、次の2つの品種です。書籍『暮らしの図鑑 グリーン 楽しむ工夫×いま取り入れたい観葉植物64×基礎知識』より。

水やりの回数が少なくてもよい品種

 新居に新しい植物を迎え入れよう、植物のある暮らしを始めようというとき、何をとっかかりに探したらよいか迷うかもしれません。

 「育てるのに失敗したくない」という思いが強いなら、育てやすい初心者向きの植物から始めてみては。

 何をもってその植物を「育てやすい」というかは難しいところですが、頻繁に水をあげなくても大丈夫なものは、手間がかからないという意味で育てやすいでしょう。

乾燥地帯が産地のサンスペリア。株全体で水分を蓄えるので、水やりの回数が少なくてもOK。写真はサンスペリア・バナナ(左)とサンスペリア・シリンドリカ(右)。太い葉に水分を蓄えます

乾燥地帯が産地のサンスベリア。株全体で水分を蓄えるので、水やりの回数が少なくてもOK。写真はサンスベリア・バナナ(左)とサンスベリア・シリンドリカ(右)。太い葉に水分を蓄えます

 その点でおすすめなのは、サンスベリア。特に葉の太いものは水を葉に蓄える力が強いので、多少水やりの回数が少なくてもOK。忙しくてもちゃんと世話ができるか自信がない人も安心です。

日照不足に耐えるもの、植物として丈夫なもの

 「育てやすさ=枯れにくさ」というふうに考えるなら、定番のポトスなどのサトイモ科の植物がおすすめです。

 日当たりのよい場所を好みますが、耐陰性(日照不足に耐える力)に優れ、日当たりのあまりよくない住環境やオフィス、お店などでも育ちます。

 シェフレラも耐陰性に優れています。定番の観葉植物なので、目にしたことのある人も多いでしょう。シェフレラの仲間は樹形や仕立ての面白いものがたくさんあるので、好みの一鉢を探してみては。

日照不足に強いシェフレラは失敗のない頑丈な植物です。そのため公共施設やオフィスでもよく見かけます。こちらは少し変わった樹形に仕立てたもの
日照不足に強いシェフレラは失敗のない頑丈な植物です。そのため公共施設やオフィスでもよく見かけます。こちらは少し変わった樹形に仕立てたもの
グリーンを楽しむ工夫がたくさん!

出典:『暮らしの図鑑 グリーン 楽しむ工夫×いま取り入れたい観葉植物64×基礎知識 』

著:ayanas



みんなの暮らし日記ONLINE
2020/07/16 05:00 /article/detail/3053