インテリアのアクセントに!テーブルサイズの観葉植物

印刷用を表示
2020/07/30 05:00

気負わず取り入れられる、小さめの観葉植物はインテリアのアクセントになりますよ。書籍『暮らしの図鑑 グリーン 楽しむ工夫×いま取り入れたい観葉植物64×基礎知識』より。

手軽に買えるテーブルサイズの植物たち

 手軽に買えてインテリアのアクセントにも使いやすい小さな鉢植えの植物。

 テーブルやキッチンカウンターの上、デスク脇などにいくつか並べて置くと、殺風景だった部屋もたちまちにぎやかな雰囲気に。

 最近では100円ショップや無印良品などでも売られていますね。小さな株でよく売られている植物には、パキラやガジュマル、テーブルヤシ、トネリコなどがあります。どれも育てやすく、気負わず部屋に迎えられる品種です。

 定番のミニ植物といえば、ディスキディア。テーブルサイズのものは手軽さで人気です。

 ちょっとしたギフトやプレゼントにもおすすめです。

小さな植物と長く暮らす

 場所を取らずたくさん並べやすい小さな鉢植えの植物。ただし、いくつか注意点もあります。

 まず、小さい鉢に植えてあるということは、土の量も少ないということ。土が乾燥しやすくなるので、土の状態チェックと水やりを忘れずに。

 また小さい鉢に植えられた植物ですが、品種として小さく育つものばかりではありません。たとえばガジュマルは自生地では成長したら数十メートルにもなります。

 小さいからいいと思って買っても、生き物ですから、将来は大きくもなるということは覚えておきたいですね。

 逆に、長く一緒に生活すれば生長が目に見えて楽しめるのも植物の楽しみです。

グリーンを楽しむ工夫がたくさん!

出典:『暮らしの図鑑 グリーン 楽しむ工夫×いま取り入れたい観葉植物64×基礎知識 』

著:ayanas



みんなの暮らし日記ONLINE
2020/07/30 05:00 /article/detail/3054