ワンボウルで泡立て不要! 簡単おいしいマフィンレシピ8選

印刷用を表示
2020/06/16 05:00

モフッとした食感でアレンジもさまざま、手軽に作れる焼き菓子のひとつがマフィンです。翻訳家でお菓子ブログを主宰する森嶋マリさんが、簡単でとってもおいしい、マフィンのレシピを教えてくれました。休日の午後、焼きたてをぜひ、コーヒーと一緒にいただきたいですね!

▼目次

 マフィンにはカップケーキ形のアメリカン・マフィンと、コーングリッツをまぶした丸くて平たいパンのイングリッシュ・マフィンがあります。

カップケーキ型のアメリカン・マフィン
カップケーキ型のアメリカン・マフィン
こちらはイングリッシュ・マフィン
こちらはイングリッシュ・マフィン

 最近はマフィンと言えば、アメリカン・マフィンを指すことが多いようです。「スターバックス」や、「コストコ」の人気商品として、アメリカン・マフィンが浸透したせいかもしれませんね。

簡単に作れちゃう! ワンボウルで混ぜて焼くだけ!

 おやつとして、軽い食事として、カフェで気軽に食べられるマフィンですが、自宅で簡単に作れるお菓子としても、根強い人気です。

マフィンはお菓子作り初心者さんにもおすすめなんです
マフィンはお菓子作り初心者さんにもおすすめなんです

 基本的にはワンボウルで手軽に作れるので、手作りお菓子の初心者さんにもおすすめ。材料を順番に加えて、混ぜて、マフィン型に入れて焼けば完成します。

 ベーキングパウダーでふくらませるところも、人気の秘密かもしれません。卵を泡立ててふくらませる本格的なお菓子は、ハードルが高いですからね。

 マフィン作りに共通する下準備は主に3つ。

 ・バター、卵、牛乳など冷えている材料を常温に戻す

 ・マフィン型にオイルを塗るか、ベーキングカップ(グラシン紙)をセットする

 ・オーブンを予熱する

 焼き時間は、お使いのオーブンによって変わります。焼け具合を確認する場合は、規定時間焼いたら、マフィンの真ん中に竹串を刺してみましょう。竹串に何もついてこなければ焼き上がり、どろりとした生地がついてきたら、さらに5分ほど焼きます。

【レシピ1】初めてでも簡単! シンプルでおいしい基本のマフィン

▼動画レシピ 基本のマフィン

 

材料(マフィン型6個分)
  • 無塩バター 60g
  • 砂糖 70g
  • 卵 1個(約60g)
  • バニラエッセンス、または、バニラオイル 少々
  • 塩 ひとつまみ
  • 薄力粉 150g
  • ベーキングパウダー 小さじ1(4g)
  • 牛乳 60g
作り方
  1. ボウルに無塩バターを入れ、なめらかになるまで練ります。
  2. 砂糖を加えて、しっかりすり混ぜます。
  3. 割りほぐした卵を3回に分けて加え、その都度よく混ぜます。
  4. バニラエッセンスと塩を加え、よく混ぜます。
  5. 薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、ゴムべらで混ぜます。
  6. 粉が完全に混ざりきらないうちに、牛乳を加えて、混ぜます。
  7. 生地をスプーンですくって、マフィン型に入れます。
  8. 180℃に予熱したオーブンで、20分焼きます。
  9. 型から外して、冷まします。
作り方のポイント
  • ・ポイントは、工程3でバター生地と卵を分離させないように、しっかり混ぜること。
  • ・材料が冷たいと分離しやすいので、バターも卵もきちんと常温に戻してから作り始めます。
  • ・卵を少量ずつ加えたら、その都度しっかり混ぜて乳化させ、時間をおかずに次の工程に進みます。
  • ・もし分離してしまったら、分量の薄力粉の中から大さじ1ほどを加えて、混ぜると、生地がつながります。
基本のプレーンマフィン
基本のプレーンマフィン

 プレーンマフィンにジャムやバターをぬっても、おいしく食べられます。

 牛乳を混ぜた(工程6)あとで、ドライフルーツやナッツ、チョコチップなどを加えれば、手軽に風味が変えられます。

森嶋 マリさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/06/17 10:16 /article/detail/3089