なんか違う……を防ぐ!模様替えで意識すべきポイント

印刷用を表示
2020/06/17 05:00

家具の配置を変えて、お部屋の雰囲気を変えたり使いやすくしたり。模様替えの醍醐味ですよね。でも、頑張ったのに妙な違和感を抱くこともあります。そんな、「あれ、なんか違うな……」を防ぐために気を付けるポイントをご紹介します。

▼目次

模様替えをしました

 こんにちは、整理収納アドバイザーの能登屋英里です。

 「おうち時間」という言葉が定着するほど、家で過ごす時間が増えました。この機会に家の中を見直し始めた方も多かったのではないでしょうか。

 私もその中の1人です。

 我が家の広さは52㎡、間取りは1LDK+WICのマンションです。この数ヶ月間、家族3人で過ごしているうちに、さすがにこの狭さではだんだん息が詰まってきました(笑)。

 主人の在宅ワーク用デスクはキッズスペースに置いていて、娘はその周りでおもちゃを出しまくる日々。

キッズスペースが混み混み状態
キッズスペースが混み混み状態

 そこで、思い立って模様替えすることにしました。

「なんか違う」を防ぐために

 我が家のリビングには作りつけの家具がほとんどないので、気軽に模様替えができます。住み始めてからこの5年の間にも家具を定期的に動かしておりました。

 気候が良いある日、窓を開けて朝食を食べていたときに、「ダイニングテーブルをもっと窓の近くに寄せたいなあ〜」と私が一言。それがきっかけで模様替えがスタートしたこともあります。

 主人もフットワークが軽いので、えっさほいさと一緒に家具を動かしてくれます。

 そして現在も、おうち時間をリスタート中です。

 とはいえ、模様替えをしてみるとなんだかしっくりこない、落ち着かないなと思うこともありますよね。そこで、私が模様替えをする際に意識していることをご紹介します。

能登屋英里さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/06/17 05:00
2020/06/17 05:00 /article/detail/3091