3人の子どもを育てる尾崎友吏子さん。この3年で子どもたちに若さを吸い取られるように、体調の変化を感じたとか。しかし新たにアウトドアライフに出合ったことでワクワクすることも増えているそうです。『みんなの暮らし日記ONLINE』3周年。みなさんはどんな3年でしたか?

▼目次

子どもの成長と反比例して、母は……

 子どもにとって、3年って結構長い時間のようです。一方で、大人になってからは、3年ってあっという間に感じませんか?

 子どもたちの成長は見違えるようで、3年間で生活もガラッと変化がありました。身体の弱かった一番下の子は、毎週スポーツ団のバスケを楽しめるようになり、小学校卒業したての次男は高校生になり、高校生だった長男は大学生になりました。

 一方、母の私は、というと、相変わらず仕事と、家事と、お弁当作りと、子どもたちの試合の観戦にと、一見代わり映えしないような生活が続いています。

 むしろ、子どもの成長と反比例するように、私は子どもたちに若さや元気を吸い取られでもするように、体調の変化を感じています。以前には気にならなかった白髪が少し目立つようになってきたり、そういえばこんなところにシミなんてあったけ?と思ったり。3年間、変化がないようで、実は緩やかに変化しているんですね。

 体力の衰えや若さの喪失というと、ネガティブなことのように感じますが、必ずしも3年間の変化は悲観的なものばかりではありません。

 というのも、年を重ね、経験を重ねるにつれ、物事に対して、良い意味でこだわりがなくなり、いろいろなことに寛容になって、ますます生きるのがラクになったと感じるからです。

  • 1
  • 2

尾崎 友吏子さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/07/27 18:11 /article/detail/3153