正しいセーターの洗い方

印刷用を表示
2018/02/16 19:00

セーターのお洗濯、皆さんはどうされていますか? 毛玉になったり、縮むのが怖くて、クリーニングに出される方も多いと思います。ですが、セーターはちゃんと洗えば、自宅でも綺麗に洗うことができるんですよ! 今日のテーマは「正しいセーター洗い方」。お気に入りのセーターは、丁寧に洗濯して、来年の冬も沢山着てあげてくださいね。

 さて今日は、テディベアのマスコットでお馴染みのランドリーシリーズブランド「ファーファ」で働く洗濯のプロが、洗濯のイロハを教えてくださいます。では早速、「正しいセーターの洗い方講座」スタートです!

洗う前に確認しておくポイント

 まずは、洗い始める前に、そもそも洗濯できる衣類なのかを確認しましょう。洗濯できないものには、下の画像の洗濯表示があります。自宅では洗濯できない素材もありますので、その場合はクリーニングにお任せしましょう。

 洗濯できるかを確認した後は、色落ちのチェックをします。色落ちチェックでは、まず衣類におしゃれ着用の洗剤をしみこませます。

 5分くらい置いて、洗剤を衣類にしみ込ませたら、タオルを衣類に押し付けて衣類から色が移らないかを確認します。初めて洗う時は色落ちしやすいので、必ずこの作業を行うようにしましょう。

 またシミや汚れを見つけたら、ついでにそこにもおしゃれ着用の洗剤の原液を付けて2~3分置き、タオルなどで叩いて汚れを落としておくと良いでしょう。洗濯機を使う場合は、ネットに入れて洗います。やや小さめで衣類がぴったり収まるサイズを使用すると、洗濯中に衣類があまり動かなくなるので、毛玉ができにくく上手に洗うことができます。

ネットに入れる時は、襟・袖など汚れやすいところが表に出るようにたたんで入れると、汚れ落ちが良くなります。
ネットに入れる時は、襟・袖など汚れやすいところが表に出るようにたたむと、汚れ落ちが良くなります。
  • 1
  • 2

関連リンク

これもおすすめ