見た目も香りも楽しめる!手延べ色そうめん

印刷用を表示
2020/06/24 18:00

これからの季節に欠かせないのが「そうめん」ですね。今回は老舗メーカーが作る、見た目も華やかで、味の変化も楽しめる「創業百七十有余年の歴史が育んだ 手延べ色そうめん」をご紹介します。

 久世福商店の店舗と公式オンラインショップで販売している「創業百七十有余年の歴史が育んだ 手延べ色そうめん」をご存知ですか?

 ザ・ジャパニーズ・グルメストアをコンセプトとしたうまいものセレクトショップの久世福商店がこれからの季節におすすめするのが、こちらの商品なんです。

 「手延べ色そうめん」は、創業百七十有余年の老舗メーカー 池利が製造しています。池利があるのは奈良県桜井市の三輪。そう、日本を代表する三大そうめんの一つ「三輪そうめん」です。

5束入り1,296円(税込)/10束入り2,376円(税込)/15束入り3,564円(税込)
5束入り1,296円(税込)/10束入り2,376円(税込)/15束入り3,564円(税込)

 麺の熟成の進み具合、味、コシの決め手となる塩加減は、その日の気温・湿度に大きく左右されます。手延べ色そうめんは職人が1日中、温度・湿度に気を配りながら、2日間かけてじっくり丁寧に管理し、熟成を重ねていきます。

 "棒状の麺生地を細く引き伸ばす"これがこだわりの手延べ製法です。コシの強さ、なめらかな喉ごし、茹でた後に伸びにくいのも「手延べ」ならでは。

 機械では決してできない、手仕事だから生み出せるおいしさです。

 目をひくのは、そうめんの色ですね。定番の白の他、紫芋、梅肉、青しそ、カボスを使い、華やかに仕上げられています。青しそやカボス、梅などのさっぱりとした香りや味わいは、夏バテ気味のカラダにもうれしいはず。

 5束・10束・15束入りの3種類がありますから、ご家族の人数にあわせて選べます。今年の夏はいつものそうめんから、ちょっと華やかなおそうめんにしてみませんか?

相棒の「めんつゆ」もお忘れなく
「かつお節をさらに加えた めんつゆ」/「利尻昆布をさらに加えた めんつゆ」各777円(税込)
「かつお節をさらに加えた めんつゆ」/「利尻昆布をさらに加えた めんつゆ」各777円(税込)

 そうめんをよりおいしく楽しむなら、”つゆ”にもこだわりたいですよね。

 久世福商店がオリジナル開発した「かつお節をさらに加えた めんつゆ」もおすすめです。看板商品「風味豊かな万能だし」のバランスの取れたかつおベースのだしに、焼津製造のかつお節を加え、ふんだんに"かつお"を感じられる味わいに仕立てられています。

 昆布つゆ派には、さっぱりといただける「利尻昆布をさらに加えた めんつゆ」もありますよ。

 どちらが自分の好みか試してみるのも楽しいかもしれません。

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/06/24 18:00 /article/detail/3175