食トレンド研究家の渥美まいこさん。この3年で妻になり母になり、ライフワークを見つけたそうです。『みんなの暮らし日記ONLINE』3周年。みなさんはどんな3年でしたか?

▼目次

長いようで短い月日で、私は妻になり母になりました

この3年間、私のブレーン的存在のCampusノート。このノートにはたくさんの作戦と家族への思いが書いてあります。あとダイエット予告……
この3年間、私のブレーン的存在のCampusノート。このノートにはたくさんの作戦と家族への思いが書いてあります。あとダイエット予告……

 3年、日に換算すると1095日。

 長いようで短い月日で、私は妻になり母になりました。

 私の人生で大切なライフイベントに囲まれた豊かな時間でした。ただ、今回執筆の話をいただかなければ、忘却していたエピソードも数多くあって改めてお声がけいただいたことに感謝します。

 現在2歳6ヶ月になる15kgの息子が、数グラムで私のお腹に宿ったのが3年前の夏。

 山梨県で桃狩りとワインを存分に楽しんだ翌日、いつも二日酔いなんてしない酒豪の私が完全にノックダウンしていしまい、おかしいぞとなって検査をしてみたらヒット。あれよあれよという間に妊婦生活が始まりました。

 子どもは当初から望んでいたので歓喜ではあったけれど、仕事や個人的な活動も増やしていこうと思った矢先の妊娠。突如「自分の人生の小休止」を迫られた感覚を抱いてしまい、気持ちがショボンとする時間も増えました。

さまざまな気持ちと「板挟み」になる妊娠期間

 この頃からCampusノートに「書く」という習慣が始まります。

 なぜこんなに幸せなはずなのに戸惑っているの? と自分と向き合いたくて未来の構想やキャリア、どんな母になりたいかだったりお金のことだったり……たくさんのことを書いて心の整理をしていくと、自然と「答え」というか「今はこれに集中しよう」という意識になって心が晴れていきました。

 過去のことだけを書く日記でもなければ、誰かに見せるブログでもない。

 自分との対話、文字化する瞑想時間の習慣で私の人生は大きく前進しました。おもしろいことに、当時書いていた目標の多くが叶っていて「ノートに書いて整理された状態で暮らす」と、行動が伴う=夢が実現するチャンスを逃さないのかもしれませんね。

2018年4月、子どもを出産して1ヶ月後のメモ。約10年後の40代にどんな女性でいたいのか、どんなキャリアを積みたいのかをまとめ、今やることを記載してました。改めて読むと驚きなことがたくさん記載してあって悶絶
2018年4月、子どもを出産して1ヶ月後のメモ。約10年後の40代にどんな女性でいたいのか、どんなキャリアを積みたいのかをまとめ、今やることを記載してました。改めて読むと驚きなことがたくさん記載してあって悶絶
  • 1
  • 2

渥美まいこさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/07/08 05:00
2020/07/08 05:00 /article/detail/3190