エコバッグを清潔に保つお手入れ方法

印刷用を表示
2020/07/01 13:00

食品を直接入れることも多いエコバッグ。清潔に使うためのお手入れの方法をご紹介します。

 7月1日より、全国でプラスチック製の買物袋、いわゆるレジ袋の有料化が実施されました。

 環境に対する意識や関心の高まりもあいまって、エコバッグを利用しはじめた方や使おうと思っている方も多いのでは?

 そこで今回は、花王さんが提唱するエコバッグを清潔に保つためのお手入れ方法をご紹介します。

 エコバッグを使用する際に注意したいのはいかに清潔に保つかです。エコバッグは食品を入れることが多い一方、「いつもすぐに畳んでしまうから、洗ったことも拭いたこともない」ケースも。

 買い物の際に「食品の汁」が付いたり、「食品のくず」「野菜の泥」がたまったりすると、ニオイやカビの原因にもなります。また、見た目には汚れていなくても、湿ったまま放置することで雑菌が繁殖する可能性もあるため、定期的なお手入れがオススメなんです。

 エコバッグには、ナイロン、コットン(布)、リネン、保冷バッグタイプなど、さまざまな素材のものがありますが、基本的なお手入れの考え方は同じです。

簡単なお手入れなら、拭くだけでもOK

 目に見える汚れはないけれども清潔にしたいという場合は、簡単に拭きましょう。

【お手入れ方法】

  1. 食卓用清潔クロスや、食卓用清潔スプレーを吹き付けたペーパー類でエコバッグの外側・内側ともに、全体を拭く。
    ※変色・色落ち・シミの原因や、防水加工が落ちてしまう場合があるので、まずは目立たないところで試してみましょう。スプレーの場合は、バッグに直接スプレーせず、必ずペーパー類やきれいな布等にスプレーしてから拭いてください。
  2. 湿り気が残らないように、ハンガーなどに掛けて乾かしたり、乾いたペーパー類で拭き取ったりする。
エコバッグを洗いたいなら

 はじめに、エコバッグの取扱い表示を見て、洗えるかどうかを確認しましょう。取扱い表示がない場合でも、商品のタグや販売店で「洗える」と記載があれば洗たくできます。

 「家庭で洗えない」マークが付いている場合や、洗える記載がなかったり、洗えるかどうか分からなかったりする場合は、洗たくはせずに、汚れた部分だけをお手入れしましょう。

 「家庭で洗える」場合は、取扱い表示などに従い、洗濯機で洗うか手洗いします。

 濃い色のエコバッグを洗う前には、あらかじめ色落ちチェックをしておくと安心です。

 洗たく洗剤の原液を目立たないところに付け、5分後に白い布で押さえて色が付くようなら単独で洗たくしましょう。

【洗たく機で洗う場合】

 他の洗たく物と絡んだり、引っかかったりしないように、洗たくネットに入れて洗う。

【手洗いの場合】

  1. 洗い桶や洗面ボウルに30℃以下の水をはり、洗浄力の高い濃縮タイプの液体洗剤や、おしゃれ着用洗剤を溶かして洗たく液を作る。
  2. やさしく押し洗いするために、エコバッグを沈めたり浮かせたりを20~30回繰り返す。
  3. きれいな水に入れ替え、押し洗いの要領ですすぐ。水を通しにくい素材や加工がしてあるものは、直接、流水を当ててすすぐ。
  4. 洗濯機で軽く脱水する。シワや素材の傷みを避けるため、短め(1分以内)に!

【中までしっかり乾燥させる干し方】

  1. 干す前にエコバッグを裏返し、全体を振りさばいた後、両手ではさむように軽くたたいてシワを伸ばして形を整える。
  2. ピンチハンガーなどを使い、中に空気が通るように干す。
    ※濡れたままでは他のものに色移りする可能性があるので、脱水後は放置せず、すぐに干して完全に乾かしましょう。
洗えないエコバッグのお手入れ

 家庭で洗えないエコバッグは、シミや汚れの気になる箇所だけを部分的にお手入れしましょう。

  1. 水で湿らせた布で汚れている部分を拭く。
  2. 汚れが取れない場合は、少量の洗たく洗剤の原液を布に付けて、汚れている部分をたたく。
  3. 水を含ませたきれいな布でその部分をたたき、洗剤と汚れを移し取る。
  4. 最後に乾いた布やペーパー類で水分を吸い取る。

提供:花王 生活者研究センター「くらしの研究」『あなたのエコバッグは洗える?お手入れ方法と清潔に保つ5つの使い方』

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/07/01 13:00 /article/detail/3197