自粛期間の「働くお母さん」は、すごくすごく大変でした

印刷用を表示
2020/07/11 12:00

突然始まった長女の休校、いよいよ始まった次女の保育園登園自粛。それでも夫は通常勤務。高齢の義父母に万が一があってはいけないから、これまでのようには頼れない。そんな中で工夫をして乗り切った、ぴょこぴょこぴさん。とても大変だったといいます。きっと、みなさんもたくさん頑張ったのではないでしょうか?

▼目次

自粛期間、やっぱり大変でした。

 突然の小学校休校から始まった、外出自粛。正直、ものすごーく辛い期間でした。

 緊急事態宣言が解除されて、いよいよ翌週から小学校の分散登校と保育園が始まるという日は本当にホッとしました。

 集団生活に戻ることで、新型コロナウィルスに感染するリスクが高まる不安はもちろんあります。それでも「この過酷な自粛生活から解放される」安堵のほうが大きく感じていました。

 ウィズコロナ、ニューノーマルという言葉を耳にする機会も出てきました。自粛期間に考え方が変わった、という声も聞きます。でも、自宅で仕事をしながらのほぼワンオペの家事・育児は綺麗事抜きにただただ大変で辛かった。そんな正直な感情もあるんです。

長女の休校、娘とのリズムづくり

 新型コロナウィルス関連のニュースが増え、不穏な空気がただよっていた2月29日土曜の夕方。突然、政府から小中学校の一斉休校の要請が出ました。記者会見を見ながら、とても驚いたことを思い出します。

 長女が通う小学校は週明けの月曜日3月2日からの休校が決定し、そのまま学校に行くことなく休みに入りました。当初は春休み期間までとの発表だったので、4月には学校が再開すると考えていました。

 突如として始まった、自宅で長女の勉強を見ながら仕事をする生活。学童は預かってくれるとのことでしたが、在宅ワークなので、どうしてもという日以外は休ませることにしました。

家事分担

 毎日家族みんなを見送ってから1人で仕事をするのが日常でした。だから、毎日長女がいる生活は正直戸惑いました。でも、こんな時期だから仕方ない! と気持ちを切り替えて、早朝の家事時間を仕事の時間にして、家事は長女と分担。その後で長女は苦手分野の勉強を1時間する、など生活のリズムを整えていきました。

 掃除や洗濯物干しは長女と協力。お昼ご飯の洗い物は長女の担当など、2人で相談して家事の分担を決めました。

 これまで長女に洗い物ほとんどをさせていなかったので、最初は見ていてもどかしくなりました。同時に、やり方を教えてあげてなかったな、と反省しました。長女のやる気がある日は、お昼ご飯に卵焼きを焼いてもらう日もありました。

長女の勉強

 1時間の勉強。本来は学校に行っている日だったと考えると、少ないな……と思いましたが、勉強を嫌がる長女に家庭学習をさせるのは、1時間が限界でした。

 Instagramでは学校の時間割通りに勉強をさせている方もたくさんいらっしゃって、すごいな……。私と長女には無理だな……と焦ることもありました。でも、できないものは仕方ない(笑)。

 家庭で長女の勉強を見はじめて、「は、わ」「お、を」「え、へ」の使い分けが全くできていないことに気がつきました。文章題や計算も苦手そうで、これまで見てあげられていなかったことに反省しつつ、気づけてよかったとホッとする面もありました。

喧嘩もします

 お手伝いなどの家事分担もできてきて次第に暮らしは落ち着いてきましたが、2人っきりで過ごす時間が長いので、口喧嘩になることも。

 長女が「お母さんのバカー!」と大声で叫びながら、近所の義父母の家に駆け込む日もありました。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/07/11 12:00
2020/07/11 12:00 /article/detail/3208