「フランス婚」。形にとらわれない生き方

印刷用を表示
2018/01/31 12:00

「フランス婚」というと、「愛があればそれで良い。結婚にとらわれない」というスタイルだと思っている人も多いかもしれません。でも実際には“愛だけがあれば”とは、むしろ逆パターンもあるんだとか……!? フランス在住のマダム愛さんが教えてくれました。

愛の国・フランスを象徴する、「フランス婚」とは

 “愛の国、フランス。愛に生きる、フランス人” そのようなイメージを持っている方は、少なくはないと思います。

 実際にパリの街を歩いていると、日本では目を覆いたくなるようなレベルで仲良さそうにしているカップルを頻繁に見かけます。でもそれはフランス人だけでなく、世界中から来ている観光客たちも同じ。きっとロマンチックなパリの街にいると、誰もがそんな気分になってしまうのかもしれませんね。もしくはそんな2人だからこそ、旅先にパリを選んだのかも?事情はわかりませんが、とにかくパリの街はいつも愛に溢れております。

 愛の国・フランスをイメージする言葉の1つで、“フランス婚”というのがあるのをご存知でしょうか?

 “フランス人のように愛を1番にして生きる”と宣言していたとある日本の大女優が、その後パートナーを見つけ”私は形式にはこだわらない。フランス婚です。”と事実婚宣言をしたことから、すっかりこの言葉が有名になりました。

 そのせいか、“フランス婚”とは“愛があればそれで良い。結婚にとらわれないで、2人が一緒にいるのが大事”というスタイルだと思っている人も多いかもしれません。

 でも実際にフランスの事実婚は、皆様が思っているようなものではまったくなく、“愛だけがあれば”とは、むしろ逆パターンもあるくらいのものなんですよ。

フランス婚「パックス」と結婚はどう違う?

 日本でフランス婚と言われているフランスのPACS(パックス )については、すでに様々なサイトやブログetc で説明されており、そこではたいてい、“PACS(パックス、仏:Pacte Civil de Solidarite, 日:民事連帯契約) というのは1999年にフランスの民法改正により認められることになった契約であり、もともと同性間の結婚が認められていなかったときに、同性のカップルでも、社会保障や税法上で結婚と同等の権利を持てるようにと提案されたもの(2013年にフランスは同性婚を認めるようになりました)。“結婚よりも簡単に手続きできるため、現在では異性間のカップルでも行われるようになった。”なんて書かれております。

 でも、そうは言っても、結婚を普通とする私たち日本人の感覚からすると、なかなか実感がわかないし、じゃあ、結婚とPACSは、いったいどう違うの?ほとんど同じ権利ならば何で結婚ではなくPACSを選ぶの?都合よく別れられるから? それとも、愛があれば形にはこだわらないという国民性? とさまざまな疑問が湧いてくるかと思います。

 なので今回はもう少し具体的な身近な例と一緒に、この“フランス婚”であるPACSについてお話しようと思います。

マダム愛さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ