捨てることで何を持つかが見えてくる(7日目)

印刷用を表示
2020/08/09 12:00

1日ひとつものを捨てる「1日1捨て」に1週間挑戦!今日は最終日の7日目。みなさん、何を捨てたのでしょうか?

▼目次

チャレンジしているのは……あやさん、eriさん、sachiさん、能登屋英里さん、ぴょこぴょこぴさん

「なぜか捨てられない」ものの上位かも?

 いつかは使うかも……と捨てられずにいたブランド紙袋。実はものを捨てるたびに保留してきたものです(笑)。

 結局は使わずにそのままだったので、思い切って処分しました。

 しかし、何か使って捨てたいなぁと思ったものはリユースすることに。

 トイレットペーパーをペーパーナプキンで包み、予備用のトイレットペーパー入れに使うことにしました。(あや)

息子と取捨選択

 今回一番楽しみにしていた2階のおもちゃたち。

 2階にある=たまにしか遊ばないものなので、減らしたいなあと思っていました。

 しかし、自分のものではないので勝手に捨てるわけにはいきません。週末に小1の長男と整理。

 彼はわりと潔い性格なので、「いる」「いらない」はあっさり選択して、思った以上の成果が出ました。

 状態のいい本は古本屋さんへ。他のものも少しずつ譲ったり捨てたりしながら減らしていきたいところです。

 小学校にあがるとおもちゃはほとんどいらないですね。(eri)

使わないまま5年弱

 今日はガスボンベを整理しました。実はこれは簡易バーナー用のガスボンベとして使っていたものでした。

 簡易バーナーとはクレームブリュレなどをあぶる時に使うものだったんですが、これがなかなか使いにくくて……。

 バーナーは先に処分していたのですが、ガスボンベはガスがたくさん残っていたので、「なかなか捨てづらいし、とっておこう……」と4、5年キッチンの引き出しに鎮座していました。

 今回こそは処分! と思って整理しました。やろうと思うとすぐできるものですね……。

 いつかやろうはバカやろうだな~と反省しました(sachi)

こういうものはすぐ捨てるに限ります

 通販カタログについて来るチラシ類を捨てました。

 通販カタログが届いたら、ビニールや封筒からすぐに出します。そして同封されているチラシや注文用紙はさっと見てすぐに捨てます。

 ついつい袋のまま保管しがちですが、結局見るのはカタログ部分だけですよね。かさばるので必要なものだけを保管するクセをつけています。

 ネットショップもあるのでカタログもざっと見て気になったものをネットでブックマーク、いずれ資源ゴミにします。

 通販カタログに限らず、家電などの取扱説明書もビニール袋やチラシは抜き取って、必要なものだけを保管するようにするといいですよ。(能登屋)

まさかの別れ

 捨てる予定のなかった、愛用のマッサージクッション。壊れて動かなくなりました。

 こちらもかなり長く愛用したのでさすがに寿命かな……。

 残念ですが、使えないものは処分。

 とても気に入っていたので、2代目を購入する予定です。(ぴょこぴょこぴ)

 以上で1日1捨てチャレンジ終了です!

 さて、1週間チャレンジして何か得るものはあったでしょうか?みなさんに聞いてみました。

1週間1日1捨てチャレンジをしてみて

あやさん

 今回のチャレンジは本当に有意義なものでした。

 毎日何かひとつ断捨離する行動は、結局はその保管していた場所の周辺を片づけたり、整えたりすることにつながり、記事でご紹介したもの意外にも実はたくさん整理するものが出てきました。

 そして、以前よりは綺麗になった引き出しや引き戸を無駄に開けて見るようになったり(笑)。

 今までとは違う目線で片づけができるようになったことも大きな変化です。

 実は、このチャレンジ期間は私の住む九州で豪雨の続いた1週間でした。身近な地域で災害が起きてしまったことや、これからさらに何か起こるかもしれないという不安から気分が相当落ち込みましたが、捨てることから始まる1日に気が紛れ、救われた気がします。

 チャレンジはここで終了となりますが、まだまだたくさんの引き出しがあるので、継続していこうと思います。

eriさん

 毎日いろんな引き出しを開けたり収納から全部出したりして楽しかったです。

 自分の持っているものの量が再確認できたり、子どもが小さいと必要なものや、捨てられないものがまだまだあるなあと思いました。人のものは捨てられない! ので、まずは自分から。

 30代子育て真っ盛り期はストレス(!?)で衝動買いが多かったです。これからは、今の生活に合うものを残して身軽になっていきたいと改めて思いました。

 いい機会を与えてもらいありがとうございました。

sachiさん

 意外に後回しにしていたもの、頭の片隅に気になっていたものがあったなぁ、としみじみ感じました。

 ついつい子ども関連が目につきがちなのですが、今回はあえて自分のものや自分に関わるものを整理しようと思っていました。

 真正面から向き合って整理する時間を夏ごろにとるのも、1年を通して考えてもいいリフレッシュになるなと感じます。

 整理していくことに少々火がついたので、これからもちょこちょこと見直していきたいと思っています。

能登屋英里さん

 整理収納アドバイザーの資格を取得してからは、普段から捨てるクセがついているため、今回のチャレンジでも捨てるものは少なかったと思います。

 それでもよくよく探すと、賞味期限切れの食材や使っていないものが出てきました。

 捨てるクセがついている私でも最初は思い入れのあったものを捨てるのはやはりどこか寂しいものです。でも思う存分使っていれば、捨てる時も悔いはないはず。

 購入する時から、愛着を持てるものだけをお迎えするように心がけたいものです。

ぴょこぴょこぴさん

 たっぷり使って壊れたもの、暮らし方が変わって必要がなくなったものなど、いろいろ見つかりました。

 中でも心が痛んだのは、スマホカメラ用のリモコン。安易に買って、結局使いこなせなかったものです。お買い物は慎重にしなくてはいけないと改めて考えました。

 すっきりした暮らし、ものを大切にする暮らしは、もの選びから始まります。

 どれだけ気をつけていても暮らしていると、不要なものが出てきます。時折、自分の周りには何があるのか気をかけていることが大切ですね。

 また、その1歩手前の「何を持つか」を意識することが、家に余分なものを増やさないためには重要です。

 1日1捨てを通してみなさんも今の自分に必要なものと不要なものを考えてみてはいかがでしょうか?

  • 1
  • 2
みんなの暮らし日記ONLINE
2020/08/09 12:00 /article/detail/3262