フライパンで簡単!「鮭ほぐし」で作るランチの丼ぶり&夜のコロッケ

印刷用を表示
2020/08/14 05:00

夏休み中の献立にお困りのみなさんを救出! メイン食材ひとつで作れる、お昼ごはんと夜ごはんメインおかずのレシピをご紹介します。

▼目次

身近な食材「鮭」で作る、昼&夜ごはん

 朝、昼、晩と1日に3回、家族のごはん作りに追われる夏休み。

 気づけば1日中台所に立っている、給食の有難みを感じる……なんて声、読者のみなさんからよ~く聞きます。

 日々のごはん作りで大変なのは、料理することだけではないですよね。献立を考えて、買い出しをして……。

 キッチンに立って作り始めたら意外とあっという間で、実はその前の献立決めや食材の買い出しがネックだったりします。

 そこでお送りするのが、こちらの企画。

 メイン食材ひとつで、お昼ごはんと夜ごはんのメインおかず、どちらも作っちゃおうというものです。

 下ごしらえ・半調理しておいたメイン食材を使って、お昼は麺や丼ぶりなどのメニューを、夜はご飯やお酒のすすむメインおかずを作ります。

 今日使うメイン食材は、「鮭」。年中スーパーで手に入りやすく、朝ごはんやお弁当のおかずの定番ですよね。

これを使って、家族4人分の昼&夜ごはんを作ります!
これを使って、家族4人分の昼&夜ごはんを作ります!

 焼き鮭やムニエルだけじゃない! 今日はみなさんの鮭レシピのレパートリーを増やしたいと思います!

作り置きにも!簡単「鮭ほぐし」

 今日レシピを紹介してくれるのは、加藤佳奈子さん(@campagne_k)。岡山でパンと料理の教室をされています。

 一つひとつの工程をていねいに、食材を大切に……。そんな食への姿勢が目に浮かぶような、きちんとした佇まいの料理をInstagramにあげられています。

 加藤さんが教えてくれたのは、フライパンで簡単にできる「鮭ほぐし」と「鮭そぼろ」で作る丼ぶりとコロッケ。丼ぶりは、大人用と子ども用の2種類をご紹介します。

 鮭ほぐしは、ほかの料理へアレンジしやすいようシンプルに仕上げますよ。

(左)鮭ほぐし(右)鮭そぼろ
(左)鮭ほぐし(右)鮭そぼろ

あると便利な「鮭ほぐし」

材料
  • 生銀鮭 500g
  • 塩 小さじ1
  • 酒 大さじ2
作り方
  1. 生銀鮭の骨や皮を取り除き、塩をすりこむ(甘塩鮭を使う場合は塩の量を調整する)。
  2. フライパンを熱し、鮭をほぐすように焼く。酒を入れて水分を飛ばすように炒めたらできあがり。

鮭ほぐしに調味料を加えて「鮭そぼろ」

 鮭ほぐし150gにしょうゆ大さじ1とみりん大さじ1/2をあわせてフライパンで絡めれば、鮭そぼろの完成! 

 鮭ほぐしを作ったついでに、同じフライパンで作れば楽チンです。

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/08/14 05:00 /article/detail/3276