子どものために作られた「こどものためのほうき」

印刷用を表示
2020/08/04 05:00

ソニーのデザイナーの提案により作られた「こどものためのほうき」。1本の箒にいろいろな想いが込められています。

 神奈川県愛甲郡愛川町中津で150年ほど前から伝えられてきた伝統的な技術をもとに、現代の生活に合うように作られた「中津箒」。原料のホウキモロコシは無農薬で生産されていて、すべての工程が職人の手作業で行われています。

 箒の穂先は素材の柔らかさを活かすために1本ずつていねいに揃えられているので、コシがあり、折れにくいのが特徴です。

 箒の使い方を知らない子どもが多いという現状を踏まえ、ソニーのデザイナーが中津箒の職人に提案して作られた「こどものためのほうき」。そのコンセプトは、「3歳からのこどもに贈る箒」です。

 購入すると、オリジナルの手ぬぐいでラッピングされ、箒の使い方や作り方をイラストで解説した絵本「ほうきのほん」が付いてきます。職人による手作業で生み出された箒は、使い込むほどに手になじみ、子どもの五感を育みますよ。

 「こどものためのほうき」が生まれたストーリーについて、こちらで詳しくご覧いただけます。1本の箒に込められた、モノづくりへの想いを知ることができます。

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/08/04 05:00 /article/detail/3309