夏休み、子どもと楽しく学ぶライブ配信をご紹介

印刷用を表示
2020/08/04 13:00

梅雨が明けてようやく夏まっさかりではありますが、今年は外出を控えている方も多いのでは? お子さんが家にいながら知的好奇心を育めるライブ配信をご紹介します。

理数を楽しむ「リスーピア オンラインサマーフェスタ」

 パナソニックセンター東京では、2020年8月8日(土)~8月23日(日)の夏休み期間を中心に、小学生~中学生の子どもやファミリーがオンライン上で楽しめる「リスーピア オンラインサマーフェスタ」を開催します。

 理科と数学の魅力に加え、SDGsや、近年新しい学びとして注目されているSTEAM教育などをテーマに「ライブ配信イベント」「オンデマンドコンテンツ」「アプリケーション」の3つのコンテンツが提供されます。

 オンラインを通して、楽しく、子どもたちに理科と数学(算数)への興味や関心を持ってもらう時間を作ってみるのはいかがでしょうか?

 ライブ配信イベントについて詳しくご紹介しましょう。

科学を身近に感じよう

 2020年8月9日(日)には、科学の面白さを伝えるサイエンスエンターテイナー五十嵐美樹さんによるイベント「おうちでサイエンスショーをやってみよう」が開催されます。地球温暖化の原因ともいわれる二酸化炭素の不思議を体験したり、電気を使わずにアイスを作ったりしていきます。

 詳細・参加申込はこちら

アニメーションをつくってみよう

 2020年8月23日(日)は、アーティストユニット パンタグラフの井上仁行さんによるイベント「アニメーションディスクをつくってみよう」が開催されます。自分で作った模様が動いて見える! 平面の模様を回すことで動画に見える! アニメーションの仕組みを学び、 自分でアニメーションづくりまでやってみましょう。

 詳細・参加申込はこちら

かはく×朝日新聞オンライン講座

 国立科学博物館では、WEB会議ツールZoomを使って、展示室や標本庫からライブ配信授業を8月に3回、朝日新聞社と共催します。

 哺乳類、恐竜、魚の不思議を、第一線で活躍する国立科学博物館(かはく)の研究者の先生たちがわかりやすく解き明かします。

 対象は小学生(3~6年生の参加を想定した内容となりますが、1、2年生でもご参加いただけます)です。

同じ哺乳類のイルカとヒト ―同じところ!違うところ?―

 第1回は8月9日(日)開催。田島木綿子先生(国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹)による哺乳類の授業です。同じ哺乳類のイルカとヒトは、どこが違ってどこが同じ? 標本を使って比べてみます。

恐竜研究入門 ※満席になりました

 第2回は8月15日(土)。真鍋真先生(国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター)による恐竜の授業です。絶滅したと思われていた恐竜は、鳥類となって今も進化を続けています。食卓にあがったニワトリの骨1本から、恐竜の研究の方法を学んでみましょう。

学んで、調べてわかる、魚の体のしくみ

 第3回は8月16日(日)です。中江雅典先生(国立科学博物館 動物研究部 脊椎動物研究グループ 研究主幹)による魚類の授業。魚類は、地球上の脊椎動物の種のうち約半数を占めています。同じ脊椎動物であるヒトと同じところ、違うところはどこでしょう? 一緒に考えてみましょう。

詳細・申込はこちら
※応募締切
 第1回 8月5日(水)23時59分(田島先生)
 第2回 8月12日(水)23時59分(真鍋先生) ⇒満席になりました。
 第3回 8月12日(水)23時59分(中江先生)

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/08/04 13:00 /article/detail/3314