もっと「ふとした瞬間」を撮り合おう

印刷用を表示
2018/02/02 00:00

人気インスタグラマー、あさひさんによるコラム。今回は「もっと、写真を撮ろう!」というお話です。子どもの成長の記録や、お出かけ記録として写真を残そう、ということではなく、実は、「写真を撮る」という行為そのものに、家庭を円満にする大切な要素があるんだとか。

もっと写真を撮ろう、家庭円満のために

 我が家には、息子が生まれたことを機に奮発して買ったカメラがあります。

 我が家のどの家電よりも高かった、カメラとレンズ。宝の持ち腐れにならぬようにと毎日持ち出しては、自分の家族だけでなく、友人やその子どもたちも積極的に写真に撮るようになりました。

 そうして撮った写真のデータを友人に送ると、決まってよく聞くフレーズがあります。

 「自分と子どもが一緒に写ってる写真ってほとんどないから、すごく嬉しい!」

 「いつも自分が撮る側で、旦那はぜんぜん撮ってくれないんだよね」

 これは、かなり高確率で聞く台詞です。そこで、ふと思ったのです。

 「家庭円満のために、写真、もっと撮ったほうがいいんじゃないですか!?」ということを。

 「別に写真なんか撮ってもらわなくて結構」「そもそも写真が好きじゃない」そういう方もたくさんいると思いますし、それならそれで、もちろんいいのです。

 ただ、「自分は撮って欲しいし、お互いに撮りあいたい。でも、パートナーは自分を撮ってくれない!」と嘆いている方も、同じくらいたくさんいると思うのです。少なくとも、私の周りにはたくさんいたのです。なので、私はいま、まさにそういうご家族に向けて、もはや代筆、という思いでこれを書いています。

 「写真、撮ってくれよ!」

 「ふとした瞬間、切り取ってくれよ!!」と。

あさひさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ

  • 理想と現実と。それもまた楽しい

    「子どもの偏食」ってダメですか?

    2歳児子育て真っ最中の、人気インスタグラマー・あさひさんによるコラム。...

  • 少ない物でスッキリ暮らす、思考の整理法

    思考は「頭の中から出す」がスタート!

    物を溜めずに、気持ちよく暮らす。そのためには断捨離や収納のテクニックだ...

  • 持たない暮らしで見つけた小さな幸せ

    幸せのLESS IS MORE

    LESS IS MORE――少ないことは豊かなこと。やまぐちせいこさん...

  • 持たない暮らしで見つけた小さな幸せ

    幸せは砂の中の金貨

    ミニマリストのやまぐちせいこさんは、持たない暮らしを通して様々な幸せを...