当たり前だと思って使っているけれど、ちょっと不便に感じるものはありませんか? 家事がラクになるよう、スッキリと暮らす仕組みづくりを日々研究している、整理収納アドバイザーのnikaさんが手放したものとは。

▼目次

 こんにちは、整理収納アドバイザーのnikaです。この度コラムを連載させていただくことになりました。

 このコラムは、“やってみようかな”と暮らしのヒントになったり今日より明日の暮らしがもっと楽しく心地よくなったりと「暮らしのノート」としてみなさんにお届けしたいと思って綴っています。

 おうち時間が増えたことでおうちの整理をしたという方もいらっしゃれば、逆におうち時間を充実させるためにものが増えたとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 今日は私が「手放したら快適になったもの」についてお話をさせていただきます。

手放したら快適になったもの1 炊飯器

 みなさんは何でお米を炊いていますか?

 結婚当初から当たり前のように使っていた炊飯器。調子が悪くなってしまったことで試しに自宅にあったお鍋でお米を炊いてみたところ……これがとてもおいしくて! このことがきっかけとなり炊飯器を手放しました。それ以来かれこれ2年近くお鍋でお米を炊く暮らしが続いています。

 炊飯器がなくなったことで収納をしていたスペースが空き、お手入れの手間もなくなりました。心配だった水加減や火加減もすぐに慣れて失敗することもほとんどありません。

 炊飯器と違い、予約をすることはできませんがお鍋だと炊き上がりまであっと言う間。火にかけてから沸騰さえしてしまえば10分程で炊き上がります。その後に蒸らしが必要になりますが、ご飯の支度をしている間に完了。

 私の暮らしにはお鍋で炊くことがあっていたようです。デメリットをあげるとしたらコンロがひとつ取られてしまうことでしょうか。約10分程なのでその辺は上手くやりくりしています。

  • 1
  • 2

nikaさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/08/21 06:00 /article/detail/3334