ズラリ!こだわりの料理道具にワクワク「釜浅商店」

印刷用を表示
更新日:2020/08/07 11:44

合羽橋の料理道具専門店 釡浅商店が、全面リニューアル。見やすく、美しくなった売り場で、良い料理道具に出合いたいですね。

 東京・合羽橋といえば、プロが使う料理道具の店が軒を連ねる街でしたが、近年は、料理好きな一般の人たちも多く訪れ、気軽に料理道具選びを楽しんでいるといいます。その合羽橋で創業112年を迎える料理道具専門店 釡浅商店は、2020年8月7日(金)に全面リニューアルオープンします。

撮影 宮本啓介(Photo by Keisuke Miyamoto)
撮影 宮本啓介(Photo by Keisuke Miyamoto)
撮影 宮本啓介(Photo by Keisuke Miyamoto)
撮影 宮本啓介(Photo by Keisuke Miyamoto)

 2棟あるビルの、右側ビルは新たに建築されたもの。黒で統一されたシックな外観でありながら、ガラス張りで明るいイメージ。こちらは包丁売り場となっていて、広々とした空間で、じっくり買い物ができるようになりました。

職人によって一本一本丁寧に作られる庖丁が並ぶ
職人によって一本一本丁寧に作られる庖丁がズラリと並ぶ

 1階は和庖丁、洋庖丁、砥石などを中心に約1000アイテム、2階には中華庖丁や麺切り庖丁など、主にプロがご使用になるアイテムが並びます。また、同ビル4階には、キッチンとバルコニーを備えたイベントスペースが誕生し、今後ポップアップレストランやワークショップなどが行われる予定です。

 また、料理道具売場である左側ビルは、内装をリノベーション。

 1階は姫野作本手打鍋や山田工業所のフライパン、中華鍋、南部鉄器を中心とした釡浅を象徴する人気のアイテムが、2階には耐火レンガコンロや釡やかまどなど、レストランの厨房に並ぶ大型アイテムが中心に並びます。

人気の「釜浅のごはん釜」
人気の「釜浅のごはん釜」
「釜浅のタガのないおひつ」
新商品「釜浅のタガのないおひつ」

 料理がぐっと楽しくなる、一生モノの道具と出合えそうですね。

みんなの暮らし日記ONLINE 2020/08/07 11:30
2020/08/07 11:44 /article/detail/3335