ここからが本題! 受験生応援におすすめの柄スコップケーキ

 さて、本題です。(やっと来たのね)

 前回ご紹介した「柄スコップケーキ」。

 これも、実は受験生応援で作ったスイーツなんです。

 わが家の次女は昔からケーキとか甘いものが苦手でした。

 食べるのはもっぱらポテトチップスや塩味のせんべいばかり、

 私のスイーツには見向きもしなかったんです。

 ところが!中学生になり娘さん(っぽく)になってきたら、例にもれず甘党女子になってきましたよ。

 しかも中学生といえば部活や勉強が一番しんどくなってくる時期。

 食べることがストレス発散の毎日なので、少しでも元気になるようにとビジュアル重視のごはんやお菓子を意識するようになりました。

 そんな中で生まれたのが「#柄トースト」だったわけですね。

 寝起きグダグダの朝にクスッと笑える朝ごはんを、という親心。

 この延長で作ったおやつケーキなのです。

 思った通り「#柄ケーキ」は家族に好評だったので、別バージョンも作ってみました。

 少し小ぶりのガラス容器に、スポンジケーキとたっぷりのカスタード&純生クリーム。

 中に忍ばせたフルーツが何か、一目でわかるようにジャムで柄をお絵かき。

 娘たちも「カワイイ!」連発でした。

 お次はキウイ柄のケーキ。

 中にはフレッシュなキウイがたくさん入っていますが、柄はメロンクリームのお味がする面白いケーキです。

 基本のスコップケーキは簡単な組み立てです。

 下からスポンジケーキ→好みのフルーツ→カスタードクリーム→生クリーム。

 ホールのケーキだとナッペやデコレーションが必要になり、ハードルが高くなりますが

 容器に敷き込んでいくだけなので気軽に作ることができます。

 下に敷き込むスポンジケーキも丸形で売られているものでOKです。

 カスタードクリームは手作りしましょうか。

 このレシピはレンジで作られて材料もいたってシンプル。

 とってもおいしい黄金比率を伝授しますので、ご安心を。

 とにかく、おうちおやつは簡単に!

 では、まずはカスタードクリームからスタートです。

カスタードクリーム

【材料】(作りやすい分量)
・卵黄・・・2個分
・牛乳・・・200cc
・薄力粉・・・大さじ2杯半(20g)
・グラニュー糖・・・40g
・バニラエッセンス・・・適宜
・生クリーム(カスタード用)50cc

【作り方】
①耐熱ボウルに薄力粉を入れてホイッパーでよく混ぜる(ふるいにかける作業を省くため)。続いてグラニュー糖も入れ、混ぜる。最後に卵黄を入れ、牛乳を大さじ2杯程度加えてホイッパーでよく混ぜる。

②残りの牛乳を①に全量入れ、バニラエッセンスも加えてよく混ぜる。

③ ②のボウルにフワッとラップをかけ、レンジにかける(600W→2分)。

④一度ボウルを取り出して、ホイッパーでよく混ぜる(この段階ではまだシャバシャバです)。

⑤もう一度レンジに入れる(600W→2分)。

⑥レンジから取り出し固まっているクリームをホイッパーでなめらかになるまでよく混ぜて完成。

 できあがったらバットなどに移し、上からラップをぴっちりとかける(乾燥防止)。

 このまま冷やしますが、急いでいるときは下の写真のように保冷剤でサンドしてあげると早く冷やすことができます。

 また、カスタードは冷えると固まります。

 ケーキなどに使うときは「練り直し」という作業を入れると、口当たりがよくなめらかになります。

 冷えたカスタードをボウルに入れ、生クリーム(50cc)と一緒にハンドミキサーでよく混ぜ合わせておきましょう。

森 映子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ