盛り付けに自信がないなら……「お盆×豆皿」がおすすめ!

印刷用を表示
2020/09/13 05:00

心も体も喜びそうな食卓を囲まれているTammyさん。料理上手であることは言うまでもありませんが、その器づかいも素晴らしいのです。そんなTammyさんに日々の食卓を彩る知恵や工夫を教えてもらいます。今回は、「お盆と豆皿」がテーマです。

▼目次

お盆×豆皿でおしゃれな食卓に

 お盆に小さな豆皿をたくさんのせれば、見ても楽しい、食べるのも楽しい食卓に。料理をする人にとっては、今日はどの器を選ぼうか……という楽しみもあります。大きな器にたくさんの量を盛るより、盛り付けも簡単なのが嬉しいポイント。

 今日は、お盆×豆皿の組み合わせを楽しむポイントをご紹介したいと思います。

 その前に、いつも私がどのように使うお盆と器を選んでいるかについて少しだけ。

 いま我が家にあるお盆は、出先で買ったナチュラルな木の丸盆、実家から持ち帰った一枚板の丸盆、同じく実家から譲り受けた漆のお盆、行きつけのカフェの四角のお盆など、縁があってうちの子になったものばかり。

 今日はどのお盆にしようか……。その日その時の気分で選びます。

 お盆にのせる器も同じく季節や天気、その時の料理などで選びます。

 今までの食卓を見ても、きっと同じお盆と器の組み合わせの写真は一枚もないでしょう。

 お盆と器は「一期一会」。

 新緑の美しい時には、緑の皿を選んでみよう。家の窓から見える海の色が青い日は、青の皿で夏らしくいってみよう! なんて、いつもその時のひらめきです。

 器選びに正解はないので、自由に楽しんでいいんですよ。

この日は小さな豆皿をめいっぱい楽しもう、という感じですね
この日は小さな豆皿をめいっぱい楽しもう、という感じですね

 こちらは、どこのメーカーのものですか? とよく尋ねられる丸盆。

 娘が東京にいたころ、ふらりと入った雑貨屋さんで発見しました。なんの刻印もなく、買ったお店も、このお盆のメーカーもわからない……。キャリーバッグに詰めて持ち帰ったものです。

Tammyさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/09/13 05:00 /article/detail/3382