普段の料理も何だかおしゃれに!盛り付けのちょっとしたコツ

印刷用を表示
2020/09/08 05:00

心も体も喜びそうな食卓を囲まれているTammyさん。料理上手であることは言うまでもありませんが、その器づかいも素晴らしいのです。そんなTammyさんに日々の食卓を彩る知恵や工夫を教えてもらいます。今回は、いつもの食卓がワンランクアップする、器づかいのちょっとしたコツをご紹介します。

▼目次

和皿に洋風の料理を盛り付けてみる

 器づかいのコツ1つ目は、「和×洋のミックスを取り入れる」こと。

 「和皿には和食」と決めつけず、ラフな料理を盛り付けてみると、なんてことない料理にもとたんに“きちんと感”が出てきます。

朝ごはんのサンドウィッチとは思えないほど華やかな印象に!
朝ごはんのサンドウィッチとは思えないほど華やかな印象に!

 こちらは、サンドウィッチを作ってどの器に盛ろうか悩んだ時の写真。柔らかいパンだったので、サンドウィッチを立てて盛るのが難しく、少し深さがあるほうが盛りやすいかなと思い手を伸ばしたのがこの器でした。合わせて、コーヒーも蕎麦猪口に淹れて……。

食卓の雰囲気が変わると、食べる時の気持ちも違います♪ 心なしか所作も美しく……
食卓の雰囲気が変わると、食べる時の気持ちも違います♪ 心なしか所作も美しく……

 こうした大きな和皿は一枚持っていると、和洋中などジャンルを問わず料理を包み込んでくれるので、とても助かりますよ。

 「色」「和洋中」「温かい料理/冷たい料理」などを基準に食器棚を見てもその料理に合う(と勝手に思い込んでいる)器が見当たらない時は、冒険する気持ちで手持ちの器を楽しんでみるのがいいと思います。

 和皿はスイーツをのせても絵になります。

 眠らせていてはもったいないので、どんどん“ていねいに”使ってみましょう。

Tammyさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/09/08 05:00 /article/detail/3383