浮かす収納、吊るす収納。片付けがラクになる整理のヒント

印刷用を表示
2020/08/30 05:00

 掃除や片付けは好きですか? それとも苦手でしょうか?掃除と片付けが家事の中で一番好きだという、ぴょこぴょぴさん。この二つはセットだと感じているのだそう。掃除のしやすさ、片付けやすさは収納のやり方で大きく変わるのだとか。そこで今回は収納の工夫や、掃除をしやすくするポイントをご紹介します。

▼目次

使う場所の近くに、出し入れしやすく収納

 収納でとても大切なことは、「使用頻度の高いものほど使う場所の近くに、出し入れしやすく収納する」ことだと思います。

 特に掃除道具は使う場所と収納する場所が大切。掃除道具が離れていたり、押し入れの奥から掃除機を引っ張り出したり、出し入れのハードルが高いと掃除自体がおっくうになってしまいます。

 例えば、水はねが気になる洗面台。我が家では収納スペースの壁にマイクロファイバークロスをつるしています。

 洗面台を使うときに汚れが気になったら、このクロスでサッと拭いています。負担なく、こまめに拭くことができるので、きれいな状態を保ちやすくなっています。

 またこのクロスのストックは洗面台の引き出しに入っているので、クロスの汚れが気になってきたらすぐに取り換えることができます。

浮かせる収納で、掃除しやすく

 掃除のびに一つひとつものをどかして、また元に戻すのはとっても面倒。そのため使用頻度が高いものは、使う場所の近くに浮かせて収納するようにしています。

 特に汚れやすい水回りはそのことを意識。

 キッチンシンクのまわりも浮かせる収納を意識して、少しずつ改善を重ねました。

 引っ越し当初は、シンクに付属していたワイヤーラックにスポンジや洗剤ボトルを置いていました。最初にラックを撤去し、少しずつ浮かせる収納に移行して今に至ります。

 掃除がしやすいので、今ではぬめり知らずのシンクになりました。

  • 1
  • 2

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/08/30 05:00 /article/detail/3389